BLOG運営

ブログ300記事を書くといくら稼げるの?【収益とPVを公開します】

ブログ300記事を書くといくら稼げるの?【収益とPVを公開します】

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

 

ブログを300記事書いたら、どれくらい稼げるようになるんだろう...。実際に300記事を達成した人のリアルな数字が知りたい。稼げるようになる?

 

ブログ300記事を書いた本業ブロガーのぼくが、上記の悩みを解決します。

 

本記事の内容

ブログ300記事を書くといくら稼げるの?

ブログ300記事を書くまでに意識したこと【達成論】

ブログ300記事で月40万稼げるようになった秘訣

 

セイタ
こんにちは、セイタ(@seita_blog)です!

 

先日、ブログを300記事書くことに成功しまして、下記のツイートをしました。

 

そういえば昨日の記事更新で300記事選手になりました

次は400記事を目指して更新していきたいと思いますっ

予想としては、10月の中旬くらいには400記事になっていると思うので、1日1日を大切にコツコツ更新していきたいですねっ

 

そこで、今回は実際にブログを300記事書いてみて得られた、収益やPVについて公開。

 

本記事を参考にすることで、自分が300記事ブログを書いた時の姿をイメージ出来ます。ぜひ最後までご覧ください。

 

\ 当サイトも使ってるWPテーマ『AFFINGER5』/

当サイト限定の10特典付き

ブログ300記事を書くといくら稼げるの?

ブログ300記事を書くといくら稼げるの?

 

それでは、ブログ300記事を書いたときの収益とPVを分けて公開していきたいと思います。

 

ブログ300記事を書いた時の収益

ブログを300記事書いた時の収益としては、前月月収で415,098円でした。

 

【5月の売上報告】

415,098円

5月はアプデもあり後半厳しくなるかなと思っていましたが、なんとか40の壁を突破できたので嬉しかったです

5月は縁のある月で沢山の人と交流できました。

6月からは1年の後半戦となるので、改めて心を引きしめて、みんなが1歩前進できる情報を発信していきます

 

6月に毎日更新をして300記事を突破したのですが、コロナウィルスの影響を受けることなく最高月収を達成することが出来ました。

 

実はブログ200記事を達成してから300記事書くまで収益が右肩上がりになっていまして、Googleアップデートも何回かありましたが何とか切り抜けることができたので良かったです。

 

ちなみに、ブログ200記事を書いた時の収益額は『143,358円』となってまして、詳しいレポートは【収益】200記事ブログを書いて稼げる金額は?【リアルなPVと金額公開】にて公開しています。

 

 

200記事から300記事の収益上昇率を数値にしてみると289%増という結果となりまして、約3倍の収益を発生させることに成功。

 

2020年の目標が30万円を達成することだったので、早めに目標を達成することができて嬉しかったですね。

 

ブログ300記事を書いた時のPV

ブログ300記事を書いた時のPV

 

続いてブログを300記事書いた時のPVですが、同じく5月のデータで21,667PVでした。

 

多くの方は『ブログ月収40万円を超えているブロガーならさぞPVが多いのだろう』と思うと思いますが、当ブログの場合は違います。

 

というのも、当ブログは収益キーワードを先行して上位表示させるSEO対策をしているため、何十万PVというアクセス数がなくても収益化できているんです。

 

セイタ
ちなみに、PV単価を計算してみると1PVあたり19円ほど。

 

Googleアドセンスの平均単価が1クリックあたり30〜40円ほどと言われているので、アクセスしてきたユーザーの約60%が広告をクリックしてくれているという計算になります。

 

もし、ぼくと同じスタイルでブログ収益を上げたいと感じていれば、SEO対策の本質|覚えるべきポイントは1つだけ!月40万稼ぐブロガーが解説をご覧ください。

 

SEO対策の本質|覚えるべきポイントは1つだけ!月40万稼ぐブロガーが解説

 

セイタ
ぼくがブログ運営で基準としている、SEO対策を紹介しています。

 

ブログ300記事を書いた感想

ブログ300記事を書いた感想としては、案外あっさり達成できたなと言う感じでした。

 

というのも、ブログを100記事ほど書いた段階でブログを書くのが習慣化していたので、特別苦ではなかったんです。

 

恐らく大体のブロガーが同じ感覚を抱いているはずなので、同じ原理で200記事も案外あっさり達成できます。

 

ただ、毎日更新をしていた訳ではなく月20記事ほどしか更新していない時期もあったので、時間は長く感じる場面はありましたね。

 

収益がずっと上がりっぱなしでモチベーションが崩れることなく安定して継続することができたため、この勢いで400記事を目指したいと考えています。

 

ブログ300記事を書くまでに意識したこと【達成論】

ブログ300記事を書くまでに意識したこと【達成論】

 

ここまでの内容で、ブログ300記事を書いた収益とPVについて確認することができました。

 

続いて、300記事書くまでの達成論みたいなものを書いてみたいと思います。

 

先ほど『あっさり達成した』とは言ったのですが、それではクリアのイメージができないと思うので、参考にして300記事達成を目指してください。

 

集客記事の更新を意識した

1つ目は、集客記事の更新を意識したこと。

 

収益記事はすでに書いていたので、ひたすら集客記事へ誘導できる記事を書きまくった感じです。

 

何で収益記事を多く書かなかったの?収益記事を書いた方がブログで稼げるんじゃ無いの?

 

と思ったかもしれませんが、なぜ収益記事を多く書かなかったかは後ほど解説する『収益記事への内部リンクを送る』にて解説します。

 

集客記事は収益記事よりもキーワードが多いので、記事数と収益を増やすために最適です。

 

ユーザーの役に立つ記事をメインで書いた

2つ目は、ユーザーの役に立つ記事をメインで書いたことです。

 

ユーザーの役に立つ記事は定義が難しいですが、ぼくの場合は検索ボリュームが少なくても『困る人が絶対いる』と確信したキーワードだったら記事を書いていました。

 

役立ち記事を書いた理由

人の役に立つ記事を書くのが好きだった

役立ち記事は被リンクがもらえる可能性が高いから

 

単純に役立ち記事を書くのが好きだったというのもあるのですが、外部SEO対策としても役立ち記事は効果的です。

 

というのも、役立ち記事を書くときに『これでもかってくらい詳しく掘り下げて書く』と他の人が同じキーワードで書くときに引用せざるを得ない状況にできるんですよね。

 

自分で書くよりも外部リンクで紹介した方が、早いや

 

的なイメージです。

 

役立ち記事を書くことで被リンクをもらえるチャンスも増えるので、役立ち記事を量産しつつ300記事を目指していました。

 

サイトの設計を見直してカテゴリーを強化した

3つ目は、サイトの設計を見直してカテゴリーを強化した点です。

 

当ブログは『自分が経験したことで困る人が多い話題』について積極的に記事を書いていました。

 

セイタ
しかし、これはサイトの設計上あまり良く無いんですよね。

 

というのも、GoogleのSEO傾向として『1カテゴリーに対してある程度の記事数がないと、専門性がない』という判断されてしまうからです。

 

また、サイト設計を見直すことでSEO効果も高まり、キーワードも絞って書くことができるので、一石二鳥なんです。

 

ブログで書くことに詰まるときは、キーワード選定とサイトのコンセプトが明確になっていないことが原因になっていることが多いので、成長速度を上げるためにもサイト設計のブラッシュアップをしました。

 

ブログ300記事で月40万稼げるようになった秘訣

ブログ300記事で月40万稼げるようになった秘訣

 

さいごに、ブログ300記事を書いて月収40万円になった秘訣について紹介します。

 

主にぼくが収益を上げるために意識していたのはこちらです。

 

収益を上げるのに意識していたこと

  • インプットは欠かさないこと
  • 収益記事への内部リンクを送る
  • 集客記事の上位表示を目指す
  • SNSの影響力を強化した

 

インプットは欠かさないこと

ブログで収益を上げるためには、インプットが欠かせません。

 

というのも、ブログを書いていると書けることが少なくなってくるんですよね。

 

例えば、ブログを書いていてネタ切れになることってあると思うのですが、ネタ切れになる理由は以下の2つです。

 

ブログのネタ切れになる理由

キーワード選定ができていない

インプットが足りていない(経験が足りていない)

 

そのため、ブログのコンテンツとして書けることを増やすために、インプットを欠かせないようにすると良いです。

 

本を読んだり、ブログ運営をしている中で困ったことを書き留めておいたりインプットの方法は無限にあるので、あなたのブログのコンテンツにあったインプットをしていきましょう。

 

ちなみに、記事のネタ切れを無くす方法に関してはブログのネタ切れを永久に防ぐ方法!3つの手順で解説【思考停止でOK】をご覧ください。

 

ブログのネタ切れを永久に防ぐ方法!3つの手順で解説【思考停止でOK】

 

収益記事への内部リンクを送る

収益を上げるためには、集客記事から収益記事に内部リンクを送ることが重要になってきます。

 

というもの、先ほども少し触れましたが収益キーワードは多くなく、上位表示するのも難しいケースが多いです。

 

例えば、『商品A おすすめ』などのキーワードで上位表示するには、それなりにコンテンツをしっかりと作り込まなければいけません。

 

対して、コンテンツをしっかり作り込まなければいけないのは変わりませんが、集客記事は上位表示しやすい傾向にあります。

 

そのため、集客記事で上位化させてユーザーを獲得しつつ、内部リンクを送った方が収益チャンスが多くなります。

 

集客記事の書き方と収益記事の書き方については下記の2記事で解説しているため、あわせてチェックしておきましょう。

 

参考アフィリエイト収益をUPさせる集客記事の書き方【初心者でも書ける】

参考収益UPさせるアフィリエイト記事の書き方【月40万稼ぐ僕が徹底解説】

 

集客記事の上位表示を目指す

集客記事を書いたら、上位表示を目指しましょう。

 

というのも、集客記事で上位表示できないと収益化が難しいからです。

 

また、集客記事はロングテールキーワードで書くのが効果的です。

 

ロングテールキーワードで記事を書くとユーザーの検索感情が分かりやすいため、質の高い記事が書きやすいという特徴があります。

 

そのため、収益記事に興味を持ちそうな人が検索するロングテールキーワードで記事を書いて、収益記事に内部リンクを流していきましょう。

 

ロングテールキーワードの探し方についてはロングテールキーワードの探し方を3つの手順で解説【SEO初心者向け】をご覧ください。

 

ロングテールキーワードの探し方を3つの手順で解説【SEO初心者向け】

 

SNSの影響力を強化した

ぼくはSNSを利用して収益化していないのですが、影響力を上げるためにTwitter運営を強化しました。

 

おかげで4月頭の段階でフォロワーが300人後半だったのですが、ブログ月収40万円を突破した段階でフォロワーを900人まで増やすことに成功。

 

セイタ
本記事を執筆している2020年7月3日の段階で1,200人を突破しました。

 

Twitterの運営で収益化することも可能ですが、それよりも役立ちコンテンツを作ってシェアされた方がブログ全体の評価が上がるため、Googleからの高評価が期待できます。

 

結果、SEO効果が向上して上位表示しやすくなるため、今後もTwitter運営を強化していこうと思っています。

 

Twitterの運営方法については初心者ブロガーがTwitterで最初にすること!【地道にでもフォロワーを増やそう!】をご覧ください。

 

初心者ブロガーがTwitterで最初にすること!【地道にでもフォロワーを増やそう!】

 

ブログ300記事を書くとブログ飯はできる

ブログ300記事を書くとブログ飯はできる

 

ここまでで、ブログ300記事を書いたときの収益とPVについて知ることができました。

 

ぼくは『WordPressって何?』って状態からブロガーになったので、限りなく凡人に近いブロガーだと自負しています。

 

ブログ運営をする上で特別なスキルがあったり、経験があったわけでも、マーケティング系の会社に勤めていたわけでもありません。

 

そのため、ブログで稼げるようになりたいと思っている方にとって良いサンプルになるはずです。

 

これからもブログを通じて、ブログ初心者の背中を押せるようなコンテンツを作って励ませればと思っているので、今後も前進出来るコンテンツを作っていきます。

 

ブログで稼ぐためのロードマップはアフィリエイトで月5万円稼ぐロードマップ【実体験より稼ぐコツ公開】にてまとめているので、是非ご覧ください。

 

アフィリエイトで月5万円稼ぐロードマップ【実体験より稼ぐコツ公開】

 

\Twitterのフォローをお願いしますっ /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セイタ

セイタ

『ひとつ先のブログ情報』を発信するSEITALITYの管理人。ブログ月収41万円。専業アフィリエイター兼ブロガーとして活動しています。趣味はギター・ゲーム・ガジェット集め。最近はAPEX Legendsがブーム。愛用デバイスはG502 HEROとAPEX PRO TKL。

-BLOG運営
-,

© 2020 SEITALITY