Affiliate

アフィリエイトネタがないときの探し方とコツ4つ【永遠に書ける方法】

アフィリエイトネタがないときの探し方とコツ4つ【永遠に書ける方法】

この記事を書いた人

この記事を書いた人

 

アフィリエイトネタってどうやって見つけたら良いんだろう...。アフィリエイトを始めてみたいけど、稼げるようになるにはどうしたら良いの?

 

本業アフィリエイターのぼくが、上記の悩みを解決します。

 

本記事の内容

アフィリエイトネタが無いときの探し方とコツ4つ

アフィリエイトネタを見つけたあとの稼ぎ方

人がいる限りアフィリエイトネタは無くならない

 

セイタ
こんにちは、セイタ(@seita_blog)です!

 

アフィリエイトネタって、どうやって探したら良いのか分かりませんよね。

 

ぼくもアフィリエイトを始めたときは、どのようにしてネタを探したら良いのか分からず苦戦していたのを覚えています。

 

しかし、アフィリエイトネタは簡単に見つけることができると分かってからネタ探しに困らなくなり、本業ブロガーとなることができました。

 

そこで、今回はアフィリエイトネタが無いときの探し方とコツについて解説します。

 

本記事を読むことで、アフィリエイトネタに困らず永遠にブログが書けるようになるため、ぜひ最後までご覧ください。

 

『これからブログを始める!』という場合には、【完全講習】ワードプレスブログの初め方!知識ゼロでもOKの徹底解説をチェックしましょう。画像を135枚使って解説しており、難しいと思われがちなWordPressブログを記事をマネするだけで開設できます。

 

アフィリエイトネタがないときの探し方とコツ4つ

アフィリエイトネタが無いときの探し方とコツ4つ

 

アフィリエイトネタが無いときの探し方は下記の4つの方法で探していきましょう。

 

アフィリエイトネタが無いときの探し方とコツ

  • 関連キーワードをチェックして需要をみつけよう
  • 競合サイトをチェックして案件を見つける
  • Twitterをチェックして関連商品をチェックする
  • 購入したものがアフィリエイト案件でないかチェックする

 

ひとつずつ解説していきますね。

 

アフィリエイトネタがないときの探し方とコツ①:関連キーワードをチェックして需要を見つけよう

1つ目は、関連キーワードをチェックして需要を見つける方法です。

 

関連キーワードをチェックするには、関連キーワードチェックツールがあればOK。

 

例えば、あなたが運営するブログのカテゴリーで『副業』というカテゴリーがあったとします。

 

関連キーワードチェックツールで『副業』と検索すると、下のように関連キーワードが表示されます。

 

Googleサジェスト

 

関連キーワードチェックツールの『Googleサジェスト』の中に表示されているキーワードは検索数が多い順番に並べられているので、この中から収益に繋がりそうなキーワードを選んでいきましょう。

 

赤枠の『おすすめ』は副業を始めたいと思っている人が検索するキーワードとなるため、『副業 おすすめ』を例にして紹介します。

 

副業おすすめの検索結果

 

『副業 おすすめ』をクリックすると検索結果が表示されるので、広告を除いた1記事目から記事の中で紹介されている副業をチェックしていきます。

 

紹介されている副業をチェックできたら、その中で自分が紹介できそうな案件を探してみましょう。

 

例えば、クラウドワークスや動画投稿、短期アルバイトが副業として紹介されていたら、下記の案件が紹介できそうですよね。

 

アフィリエイト案件例

クラウドワークスの登録案件

動画制作に必要なソフトの案件

短期アルバイトの求人サイトの登録案件

 

過去にバイトをした事があったら、利用したサイト。動画作成をしたことがあったら、使っているソフトがアフィリエイト案件であればネタになるというイメージです。

 

あくまで一例ですが、こういった感じで需要があるものをチェックして、自分が既に使ったことがあったり経験したものがあれば積極的にブログで紹介していきましょう。

 

アフィリエイトネタがないときの探し方とコツ②:競合サイトをチェックして案件を見つける

2つ目に、競合サイトをチェックして案件を見つける方法があります。

 

こちらは『既にいくつかアフィリエイトネタがあって記事を書いたけど、ネタが切れてきた』という場合に有効です。

 

方法は簡単で、あなたと同じようなブログを運営している人が紹介している案件をチェックしてみてください。

 

恐らく、あなたがまだ紹介したことが無いアフィリエイト案件を紹介しているはずです。

 

セイタ
その案件をあなたのブログでも紹介すれば、ネタを1つGETしたことになりますよね。

 

こんな感じで、競合で紹介されている案件を参考にしつつ、あなたのブログで紹介できないかチェックするのもネタ探しになります。

 

アフィリエイトネタがないときの探し方とコツ③:Twitterをチェックして関連商品をチェックする

3つ目は、Twitterをチェックして関連商品をチェックする方法です。

 

例えば、あなたがプロテインを紹介するブログを運営しているとします。

 

ここでは、『Twitterでプロテインに興味がある人をフォローしている』ということを前提としますが、新作のプロテインが出たら情報が流れてくるはずです。

 

その新作プロテインがアフィリエイトのネタになるので、どのような人に注目されているのかをリサーチして記事に落とし込んでいきましょう。

 

アフィリエイトネタがないときの探し方とコツ④:購入したものがアフィリエイト案件にないかチェックする

4つ目は、購入したものがアフィリエイト案件にないかチェックする方法です。

 

というのも、意外と見過ごしがちなのですがアフィリエイトを始めてから購入したものを紹介しない人が多い傾向にあります。

 

写真を撮ったり、レビューを書くのが面倒だからというのが原因なんだと思いますが、めちゃくちゃ損してますよ。

 

アフィリエイトを初めてからに限らず、自分が持っていて使ったことがある商品ならレビュー記事を書いて収益チャンスを作るべきです。

 

そのため、過去に購入した商品で今も需要がある商品を持っていたら、その商品をアフィリエイトネタにして記事を書くようにしましょう。

 

アフィリエイトネタを見つけたあとの稼ぎ方

アフィリエイトネタを見つけたあとの稼ぎ方

 

ここからは、アフィリエイトのネタを見つけたあとに、どうやって稼ぐのかという流れを紹介します。

 

ちなみに、アフィリエイトで月5万円稼ぐロードマップも参考になるので、あわせてチェックして稼ぐ速度を上げましょう。

 

アフィリエイトネタを見つけたあとの稼ぎ方

  • 1カテゴリー30記事を目指して記事を書いてみる
  • 3カテゴリーほどで30記事を達成しよう
  • 90記事ほど書いたら過去を振り返ってアフィリエイト案件の幅を広げる

 

集客記事と収益記事を意識して記事を書きましょう

事前知識になりますが、アフィリエイトで稼ぐためには集客記事と収益記事の区別をつけるようにしましょう。

 

というのも、集客記事と収益記事の役割を分かっていないと、アフィリエイトで稼ぐ道筋を作ることができないからです。

 

集客記事と収益記事を意識して記事を書きましょう

 

集客記事と収益記事の役割

収益記事=アフィリエイトリンクを貼っている記事(稼ぐ記事)

集客記事=収益記事に関連する内容を書いた記事

 

このようにイメージしていただければ、分かりやすいと思います。

 

上の画像みたいに関連記事から集客記事に内部リンクを流すことで、収益記事にアクセスする人が増えて収益になるというイメージです。

 

収益記事単体でも上位表示できれば収益になりますが、その数はひと月に検索される数の範囲内となってしまいます。

 

そのため、収益記事に興味を持ちそうなユーザーを集客記事から流して、収益チャンスを増やしていきましょう。

 

1カテゴリー30記事を目指して記事を書いてみる

それでは、1カテゴリー30記事を目指して記事を書いてみましょう。

 

イメージとしては、下記のような感じです。

 

1カテゴリー30記事の内訳

記事数キーワード
収益記事1記事『商品A レビュー』
集客記事27記事商品Aに興味を持っている人が検索するキーワード

 

収益記事は『レビュー』で書くのが無難です。アフィリエイト初心者でも稼ぎやすい収益キーワードになるため、必ずこのキーワードで記事を書くようにしましょう。

 

また、集客記事は商品Aに対して興味がありそうなユーザーが集まる記事を書いてみてください。

 

例えば、商品Aがダイエットサプリだったら『ダイエット 失敗』とかですね。

 

検索感情としては、『ダイエットに失敗し続けてるから成功できる方法を知りたい』という意図が予想できます。

 

そこで、『痩せたい』という悩みに対して『失敗続きだったダイエットに終止符を打ったサプリ』という感じでレビュー記事を載せてあげれば、集客記事へ移動して収益チャンスを作ることが可能になるというわけです。

 

このように、収益記事に対して関連性のある記事を書いていくのが集客記事のポイントとなります。

 

3カテゴリーほどで30記事を達成しよう

1カテゴリー30記事をクリアしたら、あと2つほど同じように1カテゴリー30記事で作っていきましょう。

 

1カテゴリー30記事を書く前に他の2つのカテゴリーを作っちゃだめなの?

 

と、思ったかもしれませんがOKです。

 

むしろ先に3カテゴリー作ってしまって書ける記事から書いていくというのが、1番挫折する可能性が低いと思います。

 

ただ、ここで注意が必要なのは1カテゴリーを先に攻めたほうが、収益スピードが上がるということです。

 

1カテ30記事のルーティン

 

というのも、GoogleのSEO評価の中に『専門性』というのがあって、何について発信しているブログなのか明確にするとSEO効果が上昇しやすいという傾向があります。

 

そのため、収益を早めに作りたいという場合は1カテゴリー30記事を一区切りとして、コンテンツの幅を広めていくようにしましょう。

 

90記事ほど書いたら過去を振り返ってアフィリエイト案件の幅を広げる

1カテゴリー30記事を3回クリアしたら90記事ほどあると思うのですが、過去を振り返ってみましょう。

 

おそらく90記事書くまでに何かしら本だったり、アフィリエイト出来る商品を購入していると思います。

 

ここで更に収益チャンスを広げるために、90記事書くまでに購入した商品の中からアフィリエイトできる商品をブログに書いていきましょう。

 

言わずもがなブログのカテゴリーに設定しているものは、あなたの趣味だったり興味のあるものだと思うので、必然的にカテゴリー内のコンテンツを強化することができます。

 

そのため、日常生活で購入したものを余すこと無くブログで紹介して収益チャンスを広げていきましょう。

 

人がいる限りアフィリエイトネタは無くならない

人がいる限りアフィリエイトネタは無くならない

ここまでの内容で、アフィリエイトネタの探し方とコツについて知ることができました。

 

さいごに本記事の内容をチェックしておきましょう。

 

本記事のおさらい

①:アフィリエイトネタが無いときの探し方とコツ4つ

関連キーワードをチェックして需要をみつけよう

競合サイトをチェックして案件を見つける

Twitterをチェックして関連商品をチェックする

購入したものがアフィリエイト案件でないかチェックする


②:アフィリエイトネタを見つけたあとの稼ぎ方

1カテゴリー30記事を目指して記事を書いてみる

3カテゴリーほどで30記事を達成しよう

90記事ほど書いたら過去を振り返ってアフィリエイト案件の幅を広げる

 

アフィリエイトネタは、人が存在する限り無くなることはありません。

 

というのも、『アフィリエイトネタ=人の需要』だからですね。

 

本記事を参考にしてもらえたらアフィリエイトネタに困らないと思いますが、もしアフィリエイトネタに困ったときは"アフィリエイトネタに気がついていない"場合が多いです。

 

そのため、アフィリエイトネタは無限に生み出すことができることを思い出して、身の回りや経験でアフィリエイトネタにできるものは無いかチェックしてみましょう。

 

\Twitterのフォローをお願いしますっ /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セイタ

セイタ

『ひとつ先のブログ情報』を発信するSEITALITYの管理人。ブログ月収41万円。専業アフィリエイター兼ブロガーとして活動しています。趣味はギター・ゲーム・ガジェット集め。最近はAPEX Legendsがブーム。愛用デバイスはG502 HEROとAPEX PRO TKL。

-Affiliate
-,

© 2020 SEITALITY