AFFINGER5

AFFINGER5でSEOプラグインは不要!使うと逆に重くなる?!

AFFINGER5でSEOプラグインは不要!使うと逆に重くなる?!

 

セイタ
こんにちは、セイタです。

 

AFFINGER5を使用している方であれば知っていることかと思いますが、AFFINGER5にはSEO対策に関する機能が多数搭載されています。

 

そのため、AFFINGER5を使用していればSEO対策系のプラグインは不要です。

 

しかし、AFFINGER5を購入していただいた方のサポートなどをしていると、SEOプラグインが有効化されていて動作が重たくなっているという減少が起きている方もいらっしゃいます。

 

そのため、AFFINGER5はSEO対策プラグインが不要という内容に触れつつ、SEO対策プラグインを使用した際のデメリットについてお伝えします。

 

AFFINGER5でSEOプラグインは不要!使うと逆に重くなる?!

AFFINGER5でSEOプラグインは不要!使うと逆に重くなる?!

 

AFFINGER5はSEO対策をするための機能が標準で搭載されており、核となる機能に関してはAFFINGER5管理の中の『SEO』に集約されています。

 

AFINGER5はSEO対策が標準搭載されている

どのような機能が搭載されているかというと、このような機能があることが見て取れると思います。

 

  • トップタイトルを書き替え
  • トップ用のメタキーワード
  • トップ用のメタディスクリプション
  • パンくずの「HOME」を書き換え
  • カテゴリーをindexしない
  • 日本語パーマリンクを自動変換する
  • 構造化データ設定
  • 表示速度優先

※一部抜粋

 

この部分は主に内部のSEO対策を行うことができる部分になります。

 

外的なSEO対策に関しては、『SEO』意外の設定項目にて関連している部分が多く存在しているので、それらを上手く使うことによってプラグインを使用しなくてもAFFINGER5だけでSEO対策が完了します。

 

SEO対策を重複させると逆効果になるかも

ちなみにAFFINGER5プラグインを使用すると、AFFINGER5でSEO対策をして、プラグイン①でSEO対策をして、更にはプラグイン②でSEO対策をしてという状況になります。

 

これは、あまり良くない状況だと思っていて、重複したSEO対策を行うとGoogleからの評価が損なわれてしまう可能性があると、なんとなく想像できますよね。

 

例えば、XMLデータが自動送信されるように設定されていて、プラグインも含めて3種同時に発信された場合、ぼくはそのような設定にはなっていませんがペナルティを施すという規定を持っている可能性も考えられなくはありません。

 

そのため、SEO対策ができる環境がAFFINGER5に備わっているのであれば、他のプラグインなどに頼らずにテーマ内で完結したほうがSEOのパフォーマンスは良くなるでしょう。

 

AFFINGER5意外のWordPressテーマを使用している場合は?

AFFINGER5意外のテーマを使用している場合は、必要に応じて使うのも有りだと思います。

 

しかし、最近ではDiverThe thorなど、SEO対策が標準搭載されているテーマも増えてきているので、使用しなくていい場合がほとんどのはずです。

 

JINの場合も、『ひつじさん』がマイネオサイトをメインで運営していたときにAFFINGERを使用していたという経緯を考えると、SEO対策に関しての機能が搭載されているでしょう。

 

恐らくですが、SEO対策プラグインが必要になるテーマは無料テーマになると思います。

 

無料テーマでも優秀なCocoon等が存在していますが、有料のWordPressテーマに比べると機能面は劣ると言っても過言ではないはずです。

 

既に有料のWordPressテーマを使用しているようであれば、そのテーマのパフォーマンスを最大限に発揮するためにもSEOプラグインの使用は慎重になりましょう。

 

AFFINGER5及び他社の有料テーマでは、SEO対策プラグインは不要

AFFINGER5及び他社の有料テーマでは、SEO対策プラグインは不要

 

本記事にてお伝えしたとおり、AFFINGER5を使用している人も他社の有料WordPressテーマを使用している人も、SEO対策プラグインは不要になるでしょう。

 

『重複』

 

これがポイントで、Googleは日に日にSEOに対してのアルゴリズムを研ぎ澄ましてきている印象があり、そのアルゴリズムに関しては200以上あるとされています。

 

そのアルゴリズムの情報は公開されていないため、今までのアップデートから読み取れる動きやアップデートのドキュメントを見て、どのようなコンテンツが必要になるのかを判断しなければいけけない状況は毎回です。

 

しかし、どんな状況になったとしても『違和感のある情報を発信しているサイト』に関しては厳しい目で見ていると感じているので、リスクになりうる要員は排除してクリーンなサイトとして運営していくようにしましょう。

 

\Twitterのフォローをお願いしますっ /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セイタ

セイタ

『ひとつ先のブログ情報』を発信するSEITALITYの管理人。ブログ月収41万円。専業アフィリエイター兼ブロガーとして活動しています。趣味はギター・ゲーム・ガジェット集め。最近はAPEX Legendsがブーム。愛用デバイスはG502 HEROとAPEX PRO TKL。

-AFFINGER5
-

© 2020 SEITALITY