PHP

Laravel入門の敷居が高いと思っている人必見!コマンドの苦手意識を克服せよ!

スポンサーリンク

Laravel入門の敷居が高いと思っている人必見!コマンドの苦手意識を克服せよ!

 

Laravelを導入しようと思ったのだけど、コマンドがいきなり説明され始めてよくわからない。コマンドって何??

 

という悩みを解決できる記事となっています。

 

こんにちは、誠太です。

 

今回の話題はPHPのフレームワークLaravelの導入についてです。

 

コマンドを初めてみる人からすれば、なんのこっちゃわからない英字の羅列が並んでいるように思えると思います。

 

しかし、あれらのコマンドは自分で打つ必要はまったくなく、Laravelの公式やコンポーザーの公式ページからコピペ出来るようになっています。

 

そのため、一見導入部分を見ただけで自分には無理だと諦めてしまいがちですが、案外簡単に導入することが出来るので、本記事を参考にぜひLaravelをスタートしてみてください。

 

Laravel入門の敷居が高いと思っている人必見!コマンドの苦手意識を克服せよ!

Laravel入門の敷居が高いと思っている人必見!コマンドの苦手意識を克服せよ!

 

Laravelの導入部分のコマンドって見ただけで始めたくなくなりますよね。

 

特にプログラミングを初めてまだ間もない方だと、XAMPPでローカル環境を整えている人も多いと思うので、余計に四季が高く感じてしまうものではないでしょうか。

 

しかし、実際の現場などではローカル環境を構築する際にはLinuxを使用している場合が多いようで、コマンドへの耐性は必須になってきます。

 

ドットインストールなどでもCentOSを使用してローカル開発環境を整えているので、Laravelを学習するのを機会にコマンドも一緒に覚えて、ローカル環境もあわせて構築できるようにしましょう。

 

注意換気!PHPの基礎知識は予め学習しておきましょう

一応書くまでもないと思うのですが、LaravelはPHPのフレームワークになるので、PHPの基礎知識に関しては抑えておく必要があります。

 

早くLaravelを使用したいという人も中にはいるでしょうから、目安としてはPHPの基本的な考え方。

 

  • 基本文法
  • 変数・関数などの知識
  • クラスを使用する方法
  • POSTやGETのデータの受け渡しについて
  • MySQLやSQLiteなどのDBとの連携について

 

などはある程度理解していて、参考書やQiitaなどを見て何かプログラムを打てるくらいの知識があれば大丈夫だと思います。

 

もし上記について不安という方は、こちらの記事でわかりやすく解説しているので、それぞれ確認をして見てください。

 

参考記事一覧

 

Laravelの導入で使用するコマンドとは

それでは、話を戻します。

Laravelで導入するコマンドとは、Unixコマンドと言われているものです。

 

いつも僕たちが使用しているのは画面のマウスポインターを移動させてクリックなどをする『GUI』と言われるものに対して、コマンドは『CUI』と呼ばれるもので、いつも画面で行っていることをコマンドで行うことが可能になります。

 

このコマンドを使用できれば、連番でフォルダを作る際などに1行のコマンドで1-50のフォルダを一気に作る事ができるなんて事もできて、何かと便利に使用できるスグレモノです。

 

また、プログラミングを行うのにはいつか必ず扱わなければ行けないときが来ると思うので、早々に覚えておいたほうが後のことを考えると楽で良いと思います。

 

ローカル環境を整えるのに、覚えておいたほうが良い

ぼくも今までローカル環境はXAMPPを使用していのですが、実際にドットインストールでVagrantやVertuslBoxなどを使用してローカル開発環境を整えたところ、使い勝手が明らかに良かったです。

 

ローカル環境を整えるのは、ドットインストールのローカル開発環境を整えようという講座を見てもらえたら、その日のうちに構築することが可能になるので必修ですね♪

 

ドットインストールのローカル環境を構築する際に使用するコマンドについては、難しいものはあまり使用していないので、比較的簡単に入り込めるかと思います。

 

Laravelで使用する基本的なUnixコマンドはとても簡単!

基本的にLaravelの中では、『php artisan~』Unixコマンドは『cd』『ctrl + c』『-L』などを覚えておくと良いでしょう。

 

この他にもコマンドはたくさんあるのですが、基本的にローカル環境の中でファイル間の移動なんかはcdを使って移動をして、開発の接続を切断するときにはctrl + cを使用すると切断できます。

 

このように使用するコマンドは一定数決まっているので、何回もつかっているうちに覚えられると思うので、心配しなくて大丈夫ですよっ!

 

Laravel入門・導入は難しそうで難しくない

Laravel入門・導入は難しそうで難しくない

 

さて、前置きが長くなりましたが、Laravelの導入についてです。

 

Laravel入門におすすめの本は1冊でOK!

実際に導入する方法については本記事では省きますが、Laravelを学びたいと思っているようであればPHPフレームワーク Laravel入門がおすすめです。

 

 

名書中の名書で、Laravelを学習する人は必ず手にとっていると言っても過言ではない書籍だと思います。

 

ドットインストールのLaravel入門後、この青本を購入してLaravelの理解を深めようと思い購入してみましたが、いろんなところでおすすめされているだけあって、内容もわかりやすくドットインストールの内容だけでは理解できない部分も理解できるようになったので、知識の補填として手に入れておいて損はないでしょう。

 

【コピペでOK】Laravel導入時は1からコマンドを打つ必要はない

先程もお伝えしましたが、Laravelの導入をするときに全てのコードを打ち込むわけではありません。

 

そのため、ほとんどコピペで完結できるので、最低限のコマンドのみPHPフレームワーク Laravel入門で学習すればOKでしょう。

 

ComporserやLaravelのインストールを行う際には、公式サイトにて自分の開発環境にダウンロードするためのコードが公開されているので、そちらをコピペして来れば大丈夫です。

 

実際に環境を整えるときになればわかりますが、案外すんなり終わってしまうものですよっ!

 

Laravelの導入とコマンドを一緒に覚えて、一歩レベルアップしよう

Laravelの導入とコマンドを一緒に覚えて、一歩レベルアップしよう

 

Laravelの導入時のコマンドには苦手意識を覚えて、導入を躊躇してしまう人が多いと思いますが、実際にはそんなに難しいことではないことがわかっていただけたと思います。

 

実際にぼくがLaravelを学習するのに使用した手順は

 

Laravel入門・学習方法まとめ

Laravelの学習手順

  1. ドットインストールのLaravel入門
  2. PHPフレームワーク Laravel入門(現在進行形)
  3. Laravelを使用してサイトを制作してみる(現在進行形)

 

ドットインストールのLaravel入門では、実際にミニブログを作成するまでの手順を簡単に解説してくれています。

 

しかし、最初の導入部分からミニブログ完成まで実に簡単に解説してくれているが故に、自分がどんな処理を書いて実行されているのかがわからないと思います。

 

そのため、更に知識を深く掘り下げるためにLaravel入門の本を購入して、知識の補填をするのがおすすめです。

 

本の学習の進め方としてはドットインストールのLaravel入門の詳しい版と考えていただければイメージが付きやすいと思います。

 

処理の解説と実際にやってみましょうといった感じでコードを書きながら学習していけるので、ドットインストール学習後で使用すると更に知識を深めることが出来ると思いますし、最初から青本を購入して学習するとトータルで考えて時短につながるでしょう。

 

Laravelを学ぶ上でLaravel入門の青本は必読本になると思いますので、ぜひ購入して学習してみてください。

 

 

オススメ記事【Udemyが強い!】Web制作を独学で学べる講座はひとつあれば事足りそう

オススメ記事プログラミングの本は学習に必要だけど、本だけではキツいというお話【体験談】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
誠太

誠太

理系の文系ブロガー。理系脳ではプログラミングを、文系脳ではブログの運営についてのHow toを話題にブログで紹介しています。年間で1,600万を売り上げた実績を元にマーケティングにも触れ、プログラミングの学習方法やブログでの稼ぎ方について情報発信中!

-PHP
-

Copyright© SEITALITY , 2019 All Rights Reserved.