PHP

XAMPPでlocalhostが本番環境になってしまう!どうしたら治るのこれ(笑)

XAMPPでlocalhostが本番環境になってしまう!どうしたら治るのこれ(笑)

 

セイタ
こんにちは、セイタです。

 

先日XAMPPでLaravelを使用して開発をしていたのですが、Gitからリポジトリの落とし込みをしたところlocalhostでローカル環境ではなく、本番環境に接続されてしまうという状況になってしまいました。

 

なんとか現象を改善することができたのですが、ちょっと手こずったので情報としてブログで発信しておきたいと思います。

 

開発環境

  • Laravel
  • XAMPP
  • 本番環境有り

 

XAMPPでlocalhostが本番環境になってしまう!どうしたら治るのこれ(笑)

XAMPPでlocalhostが本番環境になってしまう!どうしたら治るのこれ(笑)

 

具体的に治す方法としては、下記の4つの部分がポイントになって来るかと思います。

 

ポイント

  • index.phpがあるディレクトリの.htaccessを確認
  • Laravelの場合はframeworkディレクトリのstrageとviewsを確認
  • httpd.confのDocumentRootの確認
  • http://127.0.0.1/でアクセスしてみる
  • ブラウザのキャッシュを削除してみる

 

index.phpがあるディレクトリの.htaccessを確認

<IfModule mod_rewrite.c>
    <IfModule mod_negotiation.c>
        Options -MultiViews -Indexes
    </IfModule>

    RewriteEngine On

    # Handle Authorization Header
    RewriteCond %{HTTP:Authorization} .
    RewriteRule .* - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]

    # Redirect Trailing Slashes If Not A Folder...
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
    RewriteCond %{REQUEST_URI} (.+)/$
    RewriteRule ^ %1 [L,R=301]

    # Handle Front Controller...
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
    RewriteRule ^ index.php [L]
</IfModule>

 

恐らくソースコードを開いた状況だと、上記のコードの文頭に他のコードが入力されている状態になっていると思います。

 

そのコードを削除して上記の状態にすることで、ローカル環境へのアクセスが可能になりました。

 

Laravelの場合はframeworkディレクトリのstrageとviewsを確認

projectディレクトリ\storage\framework

 

上記のパスをさかのぼっていくと、srtageとviewsというフォルダが存在していると思います。

 

その中身を全選択して削除してみてください。

 

いわゆるキャッシュのようなものになるのですが、ここにブラウザの読み込み情報が蓄積されているので、削除することで画面の表示を正常な状態に持っていくことが可能になります。

 

セイタ
フォルダごと削除してしまわないように注意してくださいね!

 

httpd.confのDocumentRootの確認

XAMPPパネル→Apach→config→<Browse>[Apach]→conf→httpd.conf

 

httpd.confの中にDocumentRootというパスが指定されている部分があります。

 

その部分がindex.phpが置かれているディレクトリになっているかを確認してみてください。

 

もしこの部分がindex,phpのはいっているディレクトリじゃないとことに指定されていた場合、アクセス権限がないという403エラーが発生するので注意が必要です。

 

http://127.0.0.1/でアクセスしてみる

これはWindows特有の現象みたいなのですが、localhostと入力するのではなくて『http://127.0.0.1/』と入力することでローカル環境に接続できるようです。

 

これに関しては、ちょっと詳細まで調べられていないのですが『http://127.0.0.1/』での接続を繰り返していると、いつのまにかlocalhostと入力するとローカル環境になっているときが訪れます。

 

自動的に認識するのか何なのか調べられていないのが申し訳ないところなのですが、とりあえず『http://127.0.0.1/』で接続してみると現象が解決する可能性が高いです。

 

ブラウザのキャッシュ削除をしてみる

これは、スーパーリロードではなく、Google Chromeの設定から行うクッキーの削除です。

 

設定→詳細設定→プライバシーとセキュリティー→閲覧履歴データの削除→キャッシュされた画像とファイル

 

他の2項目にはチェックを入れなくて大丈夫です。

 

もしチェックを入れてしまった場合には、ブラウザ上に保存してあるユーザーIDやパスワードを再入力し直さなければいけなくなってしまうので、注意してください。

 

これで解決できない場合には、その他の部分に問題があるかも

これで解決できない場合には、その他の部分に問題があるかも

 

今回ぼくが解決に至るまでに行ったことを全て書き連ねましたが、うまく現象は改善できたでしょうか?

 

ほぼほぼこの状態で解決出来るかと思うのですが、万が一解決できない場合には環境の違いによる部分が原因になってきているか、独自で設定されているものが原因となっている可能性があるため、どこか不自然な部分がないか改めて確認をしてみてください。

 

本記事がお役に立ててたら幸いです。

\Twitterのフォローをお願いしますっ /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セイタ

セイタ

『ひとつ先のブログ情報』を発信するSEITALITYの管理人。ブログ月収41万円。専業アフィリエイター兼ブロガーとして活動しています。趣味はギター・ゲーム・ガジェット集め。最近はAPEX Legendsがブーム。愛用デバイスはG502 HEROとAPEX PRO TKL。

-PHP
-

© 2020 SEITALITY