WordPress

【3分で解決】送信されたurlにnoindexタグが追加されていますの解決方法

 

サーチコンソールで『送信されたurlにnoindexタグが追加されています』と表示されていて解決方法が分からない。どうしよう...。

 

こんな悩みを3分で解決します。

 

セイタ
こんにちは、セイタ(@seita_blog)です!

 

サーチコンソールで『送信されたurlにnoindexタグが追加されています』と表示されている場合は、WordPress内で解決する事ができます。

 

そこで今回は『送信されたurlにnoindexタグが追加されています』を解決する方法の解説です。

 

本記事を読んでいただくことで、サーチコンソールで発生しているnoindexエラーを3分で改善することができるため、ぜひ最後までご覧ください。

 

本記事の内容

  • 送信されたurlにnoindexタグが追加されていますの改善方法
  • 送信されたurlにnoindexタグが追加されていますが発生する原因

 

本記事の信頼性

ブログで月収30万円ほどを稼いでいるフリーランスです。コンテンツSEOが得意で上位表示が趣味。

 

送信されたurlにnoindexタグが追加されていますの解決方法

送信されたurlにnoindexタグが追加されていますの解決方法

 

『送信されたurlにnoindexタグが追加されています』というエラーがサーチコンソールで表示された場合は、下記が原因となっています。

 

  • Google XML sitemap
  • SEO対策プラグイン
  • WordPressテーマの機能

 

事前知識:noindexについて

noindexとは『クローラーに検索エンジンに登録しないでください』という意思表示になります。

 

例えば、検索エンジンに登録されたくないけど、コンテンツとしてサイトには欲しいという場合に使用します。

 

そのため、もし過去にnoindexの設定をした記憶がある場合は、その設定によるエラーです。

 

noindexエラーは必ず改善しなくても良い場合がります

『送信されたurlにnoindexタグが追加されています』というエラーは、サイト運営者にインデックスされていないページが有ることを知らせてくれている状態です。

 

そのため、故意にnoindexしている場合でも『送信されたurlにnoindexタグが追加されています』というエラーは発生します。noindexとなっている原因が自分でわかっている場合は改善しなくてOKです。

 

セイタ
noindexを解除することで低品質なコンテンツがインデックスされてしまうため、サイトの状況を考えつつ解決しましょう。

 

Google XML sitemapが原因の可能性が1番高い

『送信されたurlにnoindexタグが追加されています』が発生した場合は、Google XML sitemapが原因となっている可能性が高いです。

 

Google XML sitemapが原因の可能性が1番高い

 

参考画像の赤枠で囲ってある『HTML形式でのサイトマップを含める』のチェックを外したのち、設定の更新をすれば修正完了です。

 

SEO対策プラグインが原因になっている場合もある

All in one SEO PackのNoindex設定を確認していきましょう。

 

All in one SEO Packの設定画面を開いたら、Noindex設定中の『NOINDEXをデフォルトにする』部分に注目してください。

 

SEO対策プラグインが原因になっている場合もある

 

noindex設定の確認項目

  • 投稿
  • 固定ページ
  • メディア・添付ファイル
  • Embed Response
  • ユーザーリクエスト
  • ブロック
  • 商品リンク
  • コンタクトフォーム(例外)

 

上記の項目でコンタクトフォーム以外にチェックが入っていると、noindex扱いとなりサーチコンソールでエラーが発生します。

 

そのため、コンタクトフォームはnoindexとしてチェックを入れ、それ以外の項目はチェックを外した状態で保存すると『送信されたurlにnoindexタグが追加されています』が解決されます。

 

WordPressテーマの機能でnoindexになっている場合もある

WordPressテーマの標準機能で、noindexとなっている場合もあります。

 

当サイトで使用しているAFFINGER5を例にすると、記事の投稿画面にindex変更が可能です。

 

WordPressテーマの機能でnoindexになっている場合もある

 

その他のWordPressテーマでも記事別にnoindex設定ができる部分があると思います。

 

そのため、ここまで紹介した2つの方法で改善できなかった場合は、WordPressテーマ自体の設定を確認してみてください。

 

セイタ
主にSEO対策に関する部分でnoindexについての設定が出来るはずです。

 

noindexを解除できたら、サーチコンソールで検証確認

noindexを解除できたら、サーチコンソールで検証確認

 

ここまでの内容を実践していただければ、『送信されたURLにnoindexタグが追加されています』というエラーは解消できます。

 

最後にサーチコンソールへ移動し『修正を検証』ボタンをクリックして、修正したことをGoogleに知らせてあげましょう。

 

早ければ1~4日ほどで、解消されたという連絡がGoogleからメールで来るはずです。

 

noindexタグは故意に設定した場合は気にしなくても良いのですが、自分が意図していない場合は必ず修正しないと機会損失に繋がるので、十分注意して扱うようにしましょう。

 

以上で、『送信されたurlにnoindexタグが追加されています』の解決方法は完了です。

 

\Twitterのフォローをお願いしますっ /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セイタ

セイタ

『ひとつ先のブログ情報』を発信するSEITALITYの管理人。ブログ月収41万円。専業アフィリエイター兼ブロガーとして活動しています。趣味はギター・ゲーム・ガジェット集め。最近はAPEX Legendsがブーム。愛用デバイスはG502 HEROとAPEX PRO TKL。

-WordPress
-,

© 2020 SEITALITY