BLOG術

アイキャッチや画像選びにもう困らない!!フリー画像サイトを紹介!!

更新日:

アイキャッチや画像選びにもう困らない!!フリー画像サイトを紹介!!

 

誠太
こんにちは、誠太です!
アーサーでっす♫
アーサー

 

アイキャッチ画像を作成する時や記事内画像にPixabayの画像を使うのがそろそろ飽きてきていませんか?

 

Pixabayは沢山の豊富な画像が出てきますが、画像をダウンロードする時にGoogleの画像キュリティなどを確認しないといけないので少々面倒な場面も出てきます。

 

しかし、今回紹介するサイトを利用することによって、きれいな写真からイラストまでほとんどあなたの気に入った画像を見つけることが出来るはずです。

 

画像で記事の中に個性を出したいと思っていれば、大いに活用頂くことが可能でしょう。

本記事では、アイキャッチに困ることがなくなるフリーの画像サイトを紹介します。

 

この記事から得られる未来像

  • アイキャッチ画像素材に困らなくなります
  • ありきたり化している画像を使用しなくて良くなります
  • 記事に個性が生まれます

アイキャッチや画像選びにもう困らない!!フリー画像サイトを紹介!!

アイキャッチや画像選びにもう困らない!!フリー画像サイトを紹介!!

 

今回ぼくが紹介するフリー画像サイトは2サイトです。

正直この2つのサイトがあれば、記事作成の画像選択に困ることはなくなります。

 

Pixabayとは違った雰囲気の画像をこれから使用できるようになるので、記事作成がとても楽しくなるでしょう。

 

それでは早速『O-DAN(オーダン)』から紹介していきます。

 

網羅性強のフリー画像サイト『O-DAN(オーダン)』

 

網羅性強のフリー画像サイト『O-DAN(オーダン)』

 

このサイトを僕はメインに使用しています。

オシャレ極まった画像や優しいなごやかな画像まで、多数の画像を見つけることができます。

 

簡単に解説すると、O-DANはフリー画像サイトの総まとめポータルのようになっていて、上記の画像の部分に探したい言葉で検索をすると下記のサイトの中から画像が選出されます。

アイキャッチ画像に使用するのにオススメです。

 

O-DANの取扱画像サイト

  • Unsplash(オススメ)
  • Pexels(オススメ)
  • Pixabay
  • Reshot
  • StockSnap
  • ShotStash
  • DesignersPics
  • Gratisography
  • FancyCrave
  • LibreShot
  • picjumbo
  • Kaboompics
  • SplitShire
  • Cupcake
  • Life Of Pix

...etc

 

これだけのサイトから一気にフリー画像を検索することが出来るので、アイキャッチ画像に困ることはまず無くなるでしょう。

 

沢山の画像サイトから一気に検索できるから、すごく便利に画像を探すことが出来るよっ♫
アーサー

 

ベクター画像豊富なフリー画像サイト『vecteezy』

 

ベクター画像豊富なフリー画像サイト『vecteezy』

 

ベクター系画像が検索できる『Vecteezy』です。

多分この画像の種類がわからずに、今まで使いたかったけど使えずにいたという人は数多くいるでしょう。

 

主にこのようなベクター系の画像を取り扱っているフリー画像サイトです。


ベクター画像サンプル

グラフィックス: www.Vecteezy.com

しかし注意点が1つありまして、フリー素材と言えども帰属表示が必要になる点です。↑↑

画像の右下を見ていただければわかるのですが、小さくVecteezyのリンクが張られています。

 

この帰属表示をしないと規約違反となってしまうので、Vecteezyを利用するときには帰属表示が必要かどうか確認をするようにしましょう。

 

帰属表示の必要性を確認するには、下記の様にGoogle翻訳を利用すると簡単に確認することができます。

Vecteezyの帰属必須か確認する方法

 

誠太
帰属表示は必ず確認するようにしましょう。文字サイズを小さくすればH2下の画像としてはあまり気にならないかと思うので、使ってみてくださいね!

 

アイキャッチ画像には編集ソフトもほしい

 

アイキャッチ画像には編集ソフトもほしい

 

アイキャッチ画像を作成する際には、通例であれば『canva』を使用している人が多い印象がありますが、ぼくはあの重たい動作になんとも慣れることができずにフリーの画像編集ソフトを使用しています。

 

毎回のアイキャッチ画像の編集の際には次に紹介しているソフトを使用しているので、是非使ってみる事をオススメします。

 

フリー画像編集ソフト『PhotoScape』

 

PhotoScapeトップ画像

 

PhotoScapeの『画像編集』で主に画像を編集する事ができます。

リサイズ・白のぼかし・モザイク・スタンプ・吹き出し...etc

 

様々な編集方法と表現方法が出来るようになっている優秀なフリーソフトです。

 

画像素材は先ほどお伝えしたO-DANからダウンロードして、PhotoScapeでアイキャッチを作るという手順でアイキャッチ画像を作成しています。

 

Canvaも優秀だけど、このPhotoScapeも優秀だよっ♫
アーサー

 

高品質なアイキャッチ画像で他サイトと差別化しよう

 

高品質なアイキャッチ画像で他サイトと差別化しよう

 

アイキャッチ画像はマガジン型のトップページが増えてきたサイトが多い今、記事の顔にもなります。

 

SNSのシェアでもアイキャッチ画像を見て、記事を見るかどうか決める人も多いのではないでしょうか。

 

目を引くようなアイキャッチを使用することで、PVも上がる可能性が高まりますし、トップページの見栄えなども良くなります。

 

アイキャッチ画像は今回紹介した『O-DAN』

記事内画像は『Vecteezy』

 

この様に記事の画像を工夫して使用すると記事のクオリティがぐっと上がるので、是非活用してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
誠太

誠太

接客業で年間1600万円の売上を達成した経験を活かして、リアル接客とWebマーケティングを融合。『事実と根拠を明確に、誠実な情報発信』をモットーにブログを更新しています。

-BLOG術
-

Copyright© SEITALITY , 2019 All Rights Reserved.