ランクマッチ

【APEX Legends】ゴールド帯で勝つための必須知識!立ち回りまで徹底解説します

 

疑問
APEX Legendsのランクマッチでゴールド帯から抜け出せない...。どうやったらプラチナ帯に上がれるのか教えて欲しい。

 

このような悩みを解決します。

 

こんにちは、NHPセイタです。

 

もし、あなたがAPEX Legendsのゴールド帯で沼っているならば、本記事を読むことで9割型プラチナに上がることができます。

 

なぜなら、この記事を書いている僕は野良ランクでダイヤIIIまで上がることができたため、ゴールド帯で勝つための立ち回りを熟知しているからです。

 

本記事を参考にしつつ、サクッとゴールド帯を抜けてプラチナ帯に突入しましょう。

 

\ 最強のゲーミングヘッドセット /

人気記事【Astro A50レビュー】初心者・玄人も満足の神ヘッドセットだった!

続きを見る

ゴールド帯で勝つための必須知識を徹底解説

まず最初にゴールド帯で勝つための必須知識について解説します。

 

6位になるまで戦闘は避けてもOK

ゴールド帯でのランクマッチは、基本的に6位まで戦闘を行わないようにしましょう。

 

というのも、ゴールド帯は6位まで順位を上げることができれば、+6ポイントとなるからです。

 

プラチナ帯でもそうですが、キルポイントに焦ってキルムーブをするのは猛者がすることです。

 

僕を含め大半のプレイヤーは猛者ではないため、頭を使いつつランクマッチを回す必要があります。

 

しかし、そうなるとキルポイントやアシストポイントはどこで稼ぐのかという話になってくるのですが、後半になればなるほどポイントが稼ぎやすくなるので安心してください。

 

セイタ
本記事を最後まで読んでもらえれば、キルポイントが取れるタイミングがわかります。

 

可能な限り早めに安置の高所を陣取る

ゴールド帯で賢くポイント上げていくためには、可能な限り早めに安置内の高所を陣取りましょう。

 

最近では、その強さ故にチョイスされることが多いですが、ブラッドハウンドは必須です。もしくは、クリプトかパスファインダーでもOK。

 

あなた自信が調査ビーコンをスキャンできるキャラクターを使用しても良いですが、使い慣れていない場合はカジュアルなどで使えるようになる訓練を積んでおくと良いですね。

 

もし、味方に取られた場合は調査ビーコン付近に移動するようにして、調査ビーコンにピンを刺してアピールするようにしましょう。

 

そうすることで、調査ビーコンをスキャンして欲しいという意思が伝わるため、自分が使わなくても次の安置を知ることができます。

 

近距離と中距離に対応できる武器を持つ

ゴールド帯での武器チョイスですが、近距離武器と中距離武器を持つようにしましょう。

 

セイタ
たまに、近距離武器2丁で組み合わせる人が居ますが、多くてもPT内に2人で十分です。

 

というのも、近距離武器では100Mから200Mの距離で戦闘が行われていた場合、漁夫を狙うことができないからですね。

 

近距離武器を持っていれば唐突な戦闘に対応することができますが、遠くで行われている戦闘にちょっかいを出してキルポイントを得られるチャンスを失ってしまうことになるので、ARかSRは必ず片方に持つのが良いと思います。

 

おすすめはR99 or ボルト。G7スカウト or トリプルテイクを持っていれば、安定してキルポイントを稼ぐことが可能です。

 

ゴールド帯で勝つためにやってはいけないNG行動

次にゴールド帯で勝つためにやってはいけないNG行動について解説します。

 

漁夫以外の戦闘は行わない

基本的にどのランク帯でも言えますが、漁夫以外の戦闘は行わないようにしましょう。

 

というのも、こちらから戦闘を仕掛けるよりも漁夫を仕掛けたほうが圧倒的にキルポイントやアシストポイントを得やすいからです。

 

セイタ
この考え方は、APEXプレイヤーのほとんどが心得ているものです。

 

例えば、あなたのPTが戦闘を行えば戦闘終了くらいのタイミングで9割型別PTが寄ってくるのは間違い有りません。

 

そのため、漁夫をされる側ではなく、する側に回るのがランクマッチでポイントを上げるための必須行動になります。

 

セイタ
APEX Legendsのゲーム性を理解していないプレイヤーを積極的に刈り取っていきましょう。

 

単独行動は極力しない

ランクマッチでは、単独行動を極力しないようにしましょう。

 

というのも、単独行動を行うと敵に見つかった場合に集中砲火を受ける可能性が高いからです。

 

近くに敵が居ないということが分かっていればある程度距離をおいても良いですが、不確かな場合は極力PTメンバー同士で固まって行動するようにしてください。

 

安置などに向かって行く場合にも、敵PTから狙われるのは一番後ろを走っているプレイヤーになるため、移動時にはPTメンバーと並走するのがベストです。

 

セイタ
アイテム漁りのときは特に注意してください。

 

アビリティやウルトは惜しみなく使う

ある一定のプレイヤーに当てはまることですが、アビリティやウルトは惜しみなく使うようにしましょう。

 

ただ、注意が必要なのは敵に自分の位置がバレるアビリティやウルトの場合は、時と場合を考えて使う必要があります。

 

例えば、ブラッドハウンドのスキャンは遠くからでも使ったことがバレるため、敵がいる可能性がある場所以外で乱発するのはおすすめできません。

 

戦闘になったときにはウルトを使ってスキャンを連発させ、行動速度も上げたほうが戦闘を有利に運ぶことができます。

 

そのため、他にもレジェンドごとに戦闘を有利にできるアビリティやウルトがあるため、使い所をしっかりと見極めつつ惜しみなく使うところは使うようにしましょう。

 

セイタ
ジブラルタルやバンガロールなどを使う場合は、アルティメット促進剤を持っておくと連戦になったときにウルトが使えないという状況を防ぐことができます。

 

ゴールド帯で勝つためには立ち回りが命

ゴールド帯で勝つためには、エイムがザルでも相手よりも有利に立ち回れる方法を知っていればポイントを上げることが可能です。

 

可能な限り早く安置の高所を取り、高所よりも下で戦闘が行われた場合は中距離でちょっかいを出してキルポイントを取り、意地でも6位まで順位を上げればカジュアル感覚でもプラチナ帯に到達することができます。

 

逆を言えば、本記事で紹介した内容を実行できなければプラチナまで上げることは難しいです。

 

そのため、本記事で解説した内容を体現できるようにして、賢くポイントを上げられるように繰り返し立ち回りを身につけましょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

セイタ

ゲームとゲーミングデバイスが好きな一般人。普段は営業の仕事をしながらブログを運営しています。デバイスレビューやお仕事の依頼はメールアイコンへ。

-ランクマッチ
-