Work

仕事で頼られるのが辛いときの解決方法3つ【責任感強めは詰みますよ】

仕事で頼られるのが辛いときの解決方法3つ【責任感強めは詰みますよ】

 

職場経験が長くて仕事で頼られることが多くなってきた。だけど、ちょっと考えれば分かることも質問されるようになった...。正直辛いからなにか解決方法を知りたい。

 

上記の悩みを解決します。

 

本記事の内容

仕事で頼られてしまう原因3つ

仕事で頼られるのが辛いときの解決方法3つ

仕事で頼られるのは信頼と甘えの紙一重

 

セイタ
こんにちは、セイタ(@seita_blog)です!

 

仕事で頼られるのは嬉しい反面、ストレスも溜まってしまいますよね。

 

あなたにも仕事があるのに、ちょっと考えれば分かる仕事を質問されたりすると『なんでそれくらい考えないのかな...。』と思ってしまうこともあると思います。

 

しかし、簡単に質問されたり仕事を任されてしまう状況を作ってしまっているのは、あなた自身かもしれません。

 

そこで、今回は仕事で頼られて辛いという状況を解決する方法を3つ紹介します。

 

本記事を参考にすると、明日からの仕事がしやすい環境になります。

 

3分ほどで読める内容となっているため、ぜひ最後までご覧ください。

 

仕事で頼られてしまう原因3つ

仕事で頼られてしまう原因3つ

仕事で頼られてしまう原因としては、下記の3点による部分が多いです。

 

仕事で頼られてしまう原因3つ

  • 断れない性格ゆえ仕事で頼られてしまう
  • 頑張りすぎる性格ゆえ引き受けてしまう
  • 仕事が出来ない自分を許せない

 

断れない性格ゆえ仕事で頼られてしまう

1つ目は、断れない性格ゆえ仕事で頼られてしまうパターン。

 

断れないということは、仕事の質問をされても文句を言わずに親切に教えてしまうことが多くなりますよね。

 

すると、相手からの印象としては『分からなかったら○○さんに聞けばいいや』というスタンスが出来上がってしまいます。

 

優しいあなたの性格だからこそ頼られるのだと思いますが、これは部下のためにもならない状況です。

 

そのため、質問される状況以外でも、断るべき部分はしっかりと断って、あなたは意思ある人間だということを周りに知ってもらいましょう。

 

セイタ
YESマンだと結構辛い部分が多くありませんか?

 

頑張りすぎる性格ゆえ引き受けてしまう

2つ目は、頑張りすぎる性格ゆえ引き受けてしまうこと。

 

仕事を頑張っている人ほど評価されず都合の良い人として扱われがちです。

 

都合の良い人にならない方法については、職場で良い人になると損をする?!【都合の良い人になら無いための基本】でも詳しく解説しています。

 

例えば、仕事が早く終わったとしても『流石!』の一言もなく、どんどん仕事を回されたりした経験は無いでしょうか。

 

これは、頼られているのではなく都合よく使われてしまっている状況なので、認識を改めなければいけません。

 

そのため、仕事を断るのはNGですが、ペース配分を考えつつキャパ以上の仕事量にならないように、あなた自信でコントロールするようにしましょう。

 

仕事が出来ない自分を許せない

3つ目は、仕事が出来ない自分を許せない点です。

 

例えば、仕事で質問をされたときや仕事を任されたときに『出来ません』や『分かりません』と言えないなんてことは無いでしょうか。

 

仕事に対してのプライドが高かったり、完璧主義な性格をしている場合は『仕事が出来ない』という評価を付けられてしまうのが何より屈辱ですよね。

 

しかし、いくら仕事ができると言っても、キャパ以上の仕事を任されたり気軽に質問されてしまうのは納得いかないというもの。

 

そのため、仕事ができるという評価をされつつ、適度に頼られるような環境を作っていきましょう。

 

仕事で頼られるのが辛いときの解決方法3つ

仕事で頼られるのが辛いときの解決方法3つ

 

とはいえ、どのように適度に頼られるような環境を作っていけば良いのかわからないですよね。

 

そこで、ここからは仕事で頼られるのが辛い時の解決方法を3つ紹介します。

 

下記の3つを実践することで、かなり仕事のしやすい環境を作ることが可能です。

 

仕事で頼られるのが辛いときの解決方法3つ

  • 仕事を教えた後にワンポイントアドバイスする
  • 仕事を聞くことによるデメリットを伝える
  • 仕事を聞かれたときに疑問形で聞き返す

 

仕事を教えた後にワンポイントアドバイスする

1つ目は、仕事を教えた後にワンポイントアドバイスすることです。

 

例えば、ちょっと考えれば分かるような仕事の質問をされるときってありますよね。

 

そういったときには、仕事を教えた後に『ちなみにメモって取ってる?』と聞いてみてください。

 

恐らく9割型メモを取ってないと思うので、メモをつけるクセを部下に教えれば不要な質問をされることもなくなります。

 

セイタ
メモを取るのは社会人の基本なのは、あなた自信ご存知だと思うので、その旨を優しく伝えてあげましょう。

 

仕事を聞くことによるデメリットを伝える

2つ目は、仕事を聞くことによるデメリットを伝えることです。

 

『仕事を聞くデメリットって何だ?』と思うかもしれませんが、下記のようなことがデメリットに当てはまると思っています。

 

仕事を聞くことによるデメリット

質問の時間が無駄すぎる(2回目の場合)

部下が後輩に仕事を教えることができなくなる

仕事に対して前向きになれなくなる

 

『質問の時間が無駄すぎる』とは言えないと思うので、『1つずつゆっくり仕事を覚えていけばいいからね』と伝えてあげることで、部下にプレッシャーをかけることなく仕事を覚えてもらうことが出来ます。

 

あなたが頼られる都合の良い人であることが長引けば、部下が後輩に仕事を教えることも遅くなる可能性が高いです。

 

そのため、仕事に前向きに取り組んでもらうためにも、仕事を聞くのは良いけど着実に仕事を覚えてもらえるように、あなたから行動を促して上げましょう。

 

セイタ
あなたも楽になり、部下も成長し、あなたの信頼が都合の良い人とイコールじゃなくなります。

 

仕事を聞かれたときに疑問形で聞き返す

3つ目は、仕事を聞かれたときに疑問形で聞き返すことです。

 

例えば、仕事を聞かれて教えてあげる前に『あなたは、どのように考えてるの?』と言う感じに質問してみてください。

 

もし何も考えずに質問してきた場合は、『こういう仕事のときは、こんな感じで考えればいいよ!』と教えてあげてください。

 

こうすることで、仕事に対しての主体性を持たせることができるし、相手が仕事について考えているのかを把握することが出来ます。

 

仕事で頼られるのは信頼と甘えの紙一重

仕事で頼られるのは信頼と甘えの紙一重

 

ここまでの内容で、仕事で頼られるのは信頼と甘えの紙一重ということが分かったと思います。

 

仕事で頼られるのは嫌な気分ではありませんが、勘違いをされてしまうと大きなストレスの原因になりかねません。

 

そのため、『相手になんとかしてもらいたい』よりも『なんとか変化してもらえるように促す』という方法を取ることが堅実です。

 

そうすることで、真に頼られる存在となり、部下や上司から都合の良い人として扱われなくなります。

 

本記事の内容が、あなたのワークライフをより良いものになれば幸いです。

 

\Twitterのフォローをお願いしますっ /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

セイタ

『ひとつ先のブログ情報』を発信するSEITALITYの管理人。ブログ月収41万円。専業アフィリエイター兼ブロガーとして活動しています。趣味はギター・ゲーム・ガジェット集め。最近はAPEX Legendsがブーム。愛用デバイスはG502 HEROとAPEX PRO TKL。

-Work
-

© 2020 SEITALITY