BLOG術

【読んでおきたい】ブログで稼ぐために必要な「質の良い記事」の結論

更新日:

 

「ブログで稼ぐためには質の高い記事を書かなければいけない。」

 

こんな言葉よく目にしませんか?

でも実際に質の高い記事ってどんな記事のことを言うのでしょうか。

 

「GoogleAdSense にも審査が通らないし、もうわからない。」

「他のブロガーの記事を見ていても勝てそうにない・・・」

 

考えれば考えるほど迷宮入り。

ブログの記事を書く手は止まってしまいます。

 

そんな悩みを抱えているあなたに、質の高い記事はどんな記事なのか
をテーマにお話していきたいと思います。

 

質の高い記事か量産か

 

これは永遠のテーマになるんじゃないかと思います。

 

過去の関連記事でも書いていますが、内容重視の記事が大切だと僕は考えていて、内容の薄い記事にならないよう日々インプットを欠かさず行っています。

 

内容の薄い記事がたくさんブログにあったとしても、それはゴミ記事になってしまう可能性が高いので、結果として内容重視の記事をコツコツ増やしていくのがベストな方法です。

 

質の高い記事とは

 

それでは質の高い記事とはどういった記事のことを言うのでしょうか。

 

僕は実際にユーザーがアクションを起こしてくれた記事だと思っています。

 

なぜなら、人がモノを購入する時には一定の法則があり、その法則の最後に「行動」が位置しているからです。

 

購買行動のプロセス「AIDMAの法則」

  • Attension→注意
  • Interest→関心
  • Desire→欲求
  • Memory→記憶
  • Action→行動

 

一番上の Attension から Action までの流れがモノを購入するまでの心の動きになっています。

 

3つ目の Desire の段階で欲求を獲得しているので、読んでいる人の欲求を満たし、購入まで行動を起こしてもらえたら質の高い記事であることは間違いないでしょう。

 

毎日更新すると記事の質は高くなる?

 

毎日更新に関連した記事がコチラです。

参考記事
【アフィリエイト】ブログを100記事更新する意味とそのメリット!

  誠太こんにちは、誠太です!   ブログ・アフィリエイト初心者だった場合、100記事という数字に面食らってしまう場合が多いかと思いますが、本記事では、ブログの記事を100記事作成 ...

続きを見る

 

毎日更新をすると記事の質が高くなるかどうかは、一概にYESとは言えないでしょう。

 

単純に記事を更新し続けるだけであれば、恐らく小学生でも日課としてこなすことが出来ます。

 

※単純に記事を更新し続けるというのは、記事内容の向上を特に考えないでとりあえず書く記事という意味なので、誤解なきようにお願いします。

 

毎日更新を続けていくと色々な壁が出てくるので、その壁を乗り越えつつ、自分のライティングスキルを上げる努力をし続ければ、質の高い記事を書けるようになるのは間違いないでしょう。

 

質の高い記事を書くためには①「情報の網羅」

 

読者を満足させるには情報の多さが大切になります。

 

情報が多い分あなたのブログだけで問題解決ができるので、ブログを読んだ人からすればありがたい記事になります。

 

また、この情報の中にあなたの体験談などが含まれていると「あなただけの体験談」というオリジナルのコンテンツができるので、情報にプラスαした状態でブログの価値を提供できます。

 

たくさんのページを見なければ解決できない事をあなたの体験談付きで読者に伝えることができれば、悩み解決の良い判断材料となることは間違いないですよねっ!

 

質の高い記事を書くためには②「検索意図の把握」

 

「解決できる情報があるかもしれない!」

 

という気持でページを開いても特に解決策が見当たらなかった場合、ブログに訪れた人はすぐに別のページへと移動してしまいます。

 

それを防ぐためには、何を求めてあなたのブログに到達したかを汲んで取る必要があるのです。

 

少しむずかしい印象を受けるかもしれませんが、これは特別むずかしい話しでなくコツを掴めば誰にでも出来ることだと僕は考えています。

 

例えばこの記事であれば「質の高い記事って何さ?」というテーマで書いていますが、検索してこの記事を読んでくれる人は「質の高い記事」という言葉が曖昧で、自分の中でひとつ軸になる要素がほしいと思ってたどりつく事を予想して記事を書いています。

 

この「予想」が大切になるので、後述の「日頃からコツ解説」で詳しくお話したいと思います。

 

質の高い記事を書くためには③「読者が満足する事」

 

②③をクリアすることによって読者の満足度は80%位は稼げているかと思います。

 

残りの20%はあなたの書いた記事を読んでもらった先に抱くであろう感情を先読みして書いてあげることで埋められると僕は考えています。

 

ブログを読んで欲しい情報が手に入ったとしても、あなたがその先に起こしてもらいたい行動を促したりしなければ、読んだことに満足して情報だけが頭の中に入るお手伝いをしただけになってしまいます。

 

その情報を求めて何かをクリアしたくて、あなたのブログに訪れている可能性が非常に高いので、その「何か」にあたる未来を提案して上げることが100%満足してもらうための鍵になります。

 

・質の高い記事を書くためのちょっとした練習方法

 

前述で「予想」ができるようになるためのコツをお伝えしたいと思います。

 

手順としてはこのような手順を繰り返し行ってみて下さい。

  • 職場で仕事中に失敗をしたり悩んでいる人がいた
  • なぜその失敗が生まれたのか、何で悩んでいるのかを掘り下げて考える
  • 自分の中で仮説をいくつか立てる
  • 答え合わせとして、対象の人に話しかけて訳を聞いてみる

 

これを行うと、物事を掘り下げる能力がバク上げされるので、検索意図の先読みや未来予想などにとても役に立ちます。

 

また、日常でも役に立つ場面があり、リスクヘッジや計画の骨組み作り、予算の計算など、あなた自信の行動に結びつくことでも使用できるので、誰かが困っている時や、あなたが実行するか迷っていることがあれば活用してみて下さいっ!

 

最終的に質の高さを決めるのは読者

 

まとめると結局のところは質の良い記事は、記事を読んでくれた読者が決める事が結論になりますね。

 

コンバーション(成約)される記事は、それだけ読者のために役に立ったという表れになるので、重要なのは読んでくれている人に対して満足のいく内容をブログで提供できるかではないでしょうか。

 

今回お伝えした方法を使用してあなたのブログがより良いものになりましたら幸いです。

 

誠太

それでは!今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
誠太

誠太

接客業で年間1600万円の売上を達成した経験を活かして、リアル接客とWebマーケティングを融合。『事実と根拠を明確に、誠実な情報発信』をモットーにブログを更新しています。

-BLOG術
-

Copyright© SEITALITY , 2019 All Rights Reserved.