BLOG術

成約率がアップする?!アフィリエイター必見の省エネライティング!

更新日:

 

こんにちは、誠太です!

 

今回はシンプルなライティングで今よりも成約率が上がる
ライティングの傾向に気がついたので、その分析結果を共有したいと思います。

 

最近「気づき」を前よりも意識するようになりまして、
今後も確信のある気付きが生まれたらブログに書いていきますね!

 

それでは早速ですが、いってみましょう!

 

「欲しくさせる文章」ってなに?

 

ネットや本などで情報収集をしていても、

 

「読み手に欲しくさせる文章を書きましょう」

 

と書いてはいるものの、具体的な文章例ってあまり
見かけないものではないでしょうか。

 

そこで、僕が「欲しい」と思ったサイトを分析して
気が付いた、とてもシンプルな「欲しくさせるライティング」
ご紹介します。

 

至ってシンプル「過去」「現在」「未来」の文章

 

過去・現在・未来を文章にするとこうです。

 

過去・・・今まで全然稼げない日々が続いていました。

現在・・・しかし、今では〇〇を導入したことで稼げるようになり、時間的にも金銭的にも自由な生活を送れています。

未来・・・「職場をやめたい」「脱サラして独立したい」「もっとやりがいのある仕事がしたい」を実現することが出来ました。

 

もう気がついたかもしれませんね。

 

この文面って「稼げている」と言われるアフィリエイターのページで
よく見かける文章ではないでしょうか。

 

シンプルなのですが、よくできている文章でこの構成に気が付いたときには思わず

 

誠太

キタッ!!!!!

 

と思ってしまいました(笑)

 

しかし、この文章を見ただけでは、それぞれどんな意味を持っているのか
わからないと思うので、ひとつずつ解説していきますね!

 

1,「過去」について書く意味と例文

 

過去の部分での例文はこうでした。

 

過去・・・今まで全然稼げない日々が続いていました。

 

これはあなたの過去の状態を表現し、現在との違いを表す部分です。

 

表現は違えど、沢山の文章がここで作成できます。

 

例文

  • ダイエットが成功したことがなかった
  • 肌荒れが改善されることがなかった
  • 筋トレがどうしても続けられなかった
  • 読書がどうしてもできなかった
  • 部屋の整理をしてもすぐ元通りになってしまってた

 

などなど、自分もダメだった時期がある事を読者に伝えて
共感を得る事が「過去」の役割になっています。

 

あなたが取り組んでいるジャンルと経験によって過去の文章は
変わってくると思うので、あなたなりの文章を考えてみて下さい。

 

2,「現在」について書く意味と例文

 

現在の部分での例文はこうでした。

 

現在・・・しかし、今では〇〇を導入したことで稼げるようになり、時間的にも金銭的にも自由な生活を送れています。

 

これはあなたの過去の状態に対して、実際に取り組んだモノ・取り入れたもの
によって、どのような良い結果が現れたかを表す部分です。

 

過去に対しての現在の例文を下記にまとめてみますと

 

例文

  • 一日3食バランスの良い食事を心がけた
  • サプリメントを使用して、足りない栄養素を補った
  • 会員制のジムに思い切って登録し、通う日を決めた
  • 論文のような本ではなく、イラストが多めの本で慣れることが出来た
  • よく使用するものを机周りに置いて、出してもすぐにしまえるように工夫した

 

このようになります。

 

実際にうまくいかなかった時期に対しての打開策を書くことで、
同じ悩みを抱えている人にアイデアを与えることが出来ます。

 

「現在」の文章に関しても、あなたがアフィリエイトしたい商品
によって文章が変わってくると思います。

 

アフィリエイトする場合はあなたが実践済みのものを紹介
する事になると思うので、実際に使ってみて体験した事を
書いてあげて下さい。

 

3,「未来」について書く意味と例文

 

未来の部分での例文はこうでした。

 

未来・・・「職場をやめたい」「脱サラして独立したい」「もっとやりがいのある仕事がしたい」を実現することが出来ました。

 

未来に関しては複数で書いてしまったのですが、
例文にするとこのようになります。

 

例文

  • 目標の体重をクリアして、体型維持ができるようになった
  • 周りからの視線を気にすることがなり、友達から驚かれた
  • もやしのような体型から、男らしい体つきになり自分に自信がついた
  • 「文字を読む」ことに慣れることが出来て、より深い知識を本から得られるようになった
  • ものが周囲に散らかることもなくなって、室内でのモチベーションがとても高くなった

 

などなど

 

「過去」から「現在」の状態に改善することが出来て、
結果どういう未来を手に入れることができたのかを表しています。

 

この文章を追加することによって、「あなたのような結果を得たい」という
読者の気持を動かす文章に出来ます。

 

また、結果の先見が出来るのでリスクが少ない状態と知っていて
試すことが出来るので

 

「失敗したら嫌だな」

 

という読者の気持もかなり下げることが出来ます。

 

「過去」「現在」「未来」の文章の役割

 

まとめると読者へ向けた意味合いはこのようになります。

 

過去・・・あなたと同じで私も実はこうだったんです。

現在・・・でも実際にこんな方法を試したらうまくいきました。

未来・・・うまくいったことによって、過去と比べて良い状態を手に入れました。

 

ここで冒頭の例文を見てみると、たった短い文章なのにストーリーがしっかりと
出来上がっているのが分かります。

 

例文

過去・・・今まで全然稼げない日々が続いていました。

現在・・・しかし、今では〇〇を導入したことで稼げるようになり、時間的にも金銭的にも自由な生活を送れています。

未来・・・「職場をやめたい」「脱サラして独立したい」「もっとやりがいのある仕事がしたい」を実現することが出来ました。

 

この短い文章の威力は本当にコスパが良いと思いますね。

 

あれやこれやと理屈立ったことを書かなくても
たったこれだけの文章で読者の共感を得てしまうので、
強い省エネ共感ライティングだと思います。

 

この例文をあなた流にアレンジすることでどんな商品にでも
当てはめることができるので、試してみてくださいね!

 

まとめ

 

今回は「成約率がアップする?!少額アフィリエイター必見の省エネライティング!」
と題しまして、僕が分析した末に気が付いた省エネライティングを紹介しました。

 

「稼げない!売らなきゃ!でもどんな文章書いたら良いのさ!」

 

という気持ちになって、とりあえず理屈でガチガチに固めた文章を
書いてしまいがちですが、読者にとって理屈で書かれた文章は
自分の判断が間違っていないか判断するための材料でしかありません。

 

まずは、気持をキャッチする必要があるので、読者を引き込む文章を
書く必要性があります。

 

「人は理論で買うのではなく感情で買う」とよく言われますが、
僕は本当にそのとおりだと思います。

 

どこかのお店に行った時に同じ商品を勧められても
「なんとなく鼻につく店員」と「やさしく自分主体で考えてくれる店員」
とでは、やはり後者を選びたくなりますよね。

 

この例えから分かるように「読者の感情」を軽視することはアフィリエイターにとって
大きな損失に繋がってしまいます。

 

アフィリエイターであり、マーケッターでもある僕たちは
収益を伸ばすために「読者を動かす文章」を心がけるべきですし、
その動かす文章を使って、悪い方ではなく良い方向に読者導いてあげるのが
使命だと僕は考えています。

 

僕は今後も人の助けとなるブログを書いていきたいと思っているので、
自戒も含めて今回の記事を作成しました。

 

今回の記事があなたに響いたらとても嬉しいですし、
アフィリエイトやブログで役に立てば幸いに思います!

 

誠太

今回の記事が役に立ったり、共感していただけたら Twitter でのシェアや
感想をいただけると嬉しいです!

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
誠太

誠太

接客業で年間1600万円の売上を達成した経験を活かして、リアル接客とWebマーケティングを融合。『事実と根拠を明確に、誠実な情報発信』をモットーにブログを更新しています。

-BLOG術
-

Copyright© SEITALITY , 2019 All Rights Reserved.