WordPressの使い方

【noindexエラー】カバレッジエラーを改善・放置する必要性とは!?

 

サーチコンソールでカバレッジエラーというエラーをみたことはありませんか?

 

本記事では、カバレッジエラーの対処方法とXML Sitemap Generatorの設定方法を解説します。

 

突如出現するカバレッジ noindex エラー

 

Google SearchConsole で時たま発生する カバレッジにおける noindex エラー。

 

突如と現れるこの赤いエラー表示には正直驚いてしまいますよね。

 

今回はこのカバレッジの noindex エラーの解決方法とエラーをあえてそのままにする理由をお伝えしていきます。

 

カバレッジの noindex エラーはなぜ発生するのか

 

Google SearchConsole で発生する noindex エラーはGoogle のクローラーがあなたのサイトを周回した際にindex 出来なかった場合、エラーが発生します。

 

エラーの原因として WordPress を導入した際に初期導入プラグインとしてテッパンの XML Sitemap Generator でエラーが発生している場合があるので、まずはその解決方法をお伝えします。

 

【改善策】XML Sitemap Generator の設定方法

 

■XML Sitemap Generatorの設定場所

WordPress管理画面 → 設定 → XML-Sitemap

 

Google SearchConsole のエラー部分を確認するとsaitmap.xml ではなく saitmap.html と表示されている場合があります。

 

saitmap.html はブログの中で読者が参考にするもので、本来Google に送るものは saitmap.xml です。

 

この saitmap.html のエラーを解決するにはXML Sitemap Generator の下記項目のチェックを外す必要があります。

 

HTML形式でのサイトマップを含める

 

この項目にチェックが入っている場合、HTML 形式のサイトマップがGoogle に送信されるため、カバレッジで noindex エラーが発生します。

 

チェックマークがついていた場合は、チェックを外して設定の更新を行いましょう。

 

合わせて Google SearchConsole のエラーページにて「修正を検証」をクリックして修正確認を Google にお願いしたら完了です。

 

noindex をあえて解除しない必要性

 

次はあえてカバレッジエラーをそのままにしておく必要をお話します。

 

カバレッジエラーを全て改善するべきではない理由

 

「エラー」と聞くと全て解決させる必要があると思ってしまいがちです。

 

しかし、そのエラーを解決してしまうと、
思わぬ自体を招いてしまう可能性があります。

 

「妖精オジサン」 さんのブログで衝撃的な事が書かれています。

 

名前:「妖精オジサン」さん
参考記事:「インデックスカバレッジの問題が~」って罠かw?

 

なんと noindex 記事 4,500記事強!

 

僕だったら発狂しますね、間違いなく。。。(笑)

 

要約すると、この noindex エラーを全て解消したのですが、
noindex を解決したことによってPV数が落ちたという事例です。

 

noindex をすべて解除するとサイト評価が落ちる?!

 

WordPress を利用していると、月間アーカイブやタグのページが自動生成される場合がほとんどかと思います。

 

記事の属性がわかりやすくなるように、あなた自信でもいくつかタグを作成して記事にカテゴライズしているはずです。

 

しかしそのページはユーザーにとって有益なコンテンツかと言えば、Google からの判断としては作り込み具合によるといったところです。

 

意図したタグ・意図したアーカイブページのコンテンツ作成をしているのであれば問題ないのですが、とりあえずコンテンツの区別として特に手を加えて無いのであれば、noindex のほうが都合が良いのです。

 

その都合がいい状況を開放してしまったために、ユーザーにとって有益なコンテンツとは判断できないものが一気に報告されてしまったため、サイト評価が落ちPV数が減ってしまったというのが今回の事例の原因です。

 

必ずしもnoindex エラーを解除すべきではない

 

この事例から考えると、noindex エラーが発生しているからと言って片っ端から改善させていくというのは割と危険なことと言えますね。

 

これはサイトが成長した後でもかなりの痛手になりますし、サイトを立ち上げて間もない時でもサイトの評価を上げようとしている時にこのような事態が起きると笑えません。

 

Google SearchConsole をサイトと連携してはしていても、詳しい使い方はわからないという場合が多いです。

 

そのため、エラーが発生したら片っ端から解決!とすぐに決断せず、充分に調査してからエラーを解除するべきものなのかを確認してから対処するようにしましょうね!

 

まとめ

 

怖いですね、noindex 4,500件強(笑)

 

しかもそれを解決させたらさらなる恐怖が待っていたという事実が更に怖いです。

 

今回の記事では Google SearchConsole のカバレッジにおけるnoindexエラーの解決方法をお伝えしましたが、WordPress を利用しているといろいろなエラーと向き合わなければいけません。

 

エラーが発生した際は、まずは下調べとして発生したエラーの理由をしっかり把握した上で、解決するべきなのか、解決しないほうがサイトのためになるのかを判断してからエラーを解除するようにしましょう。

 

僕もタグとアーカイブのインデックスエラーが Google SearchConsole から返ってきていますがそのままにしています。

 

理由としては検索結果に影響が出る可能性があるとエラー詳細ページに書かれていますが、今回の記事でお話したとおり解除するべきでは無いエラー故ですね。

 

誠太

それでは!今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
誠太

誠太

接客業で年間1600万円の売上を達成した経験を活かして、リアル接客とWebマーケティングを融合。『事実と根拠を明確に、誠実な情報発信』をモットーにブログを更新しています。

-WordPressの使い方
-, ,

Copyright© SEITALITY , 2019 All Rights Reserved.