アフィリエイト

Google AdSenseにわずか12記事で審査通過!その方法とは!

 

おはようございます、誠太です。

 

Google AdSense の審査って一発で通りましたか?

 

僕は2018年の12月25日に審査が通過して、このブログを運営し始めてから1ヶ月未満でした。

 

恐らく同じ条件でも審査に通る人と通らない人が居るみたいなので、もしあなたが審査に何回も通らない現状を抱えていたら、この記事を参考にしてみてください。

 

Google AdSense の審査通過できない原因とは

 

 

AdSense に通らない理由って何かなと思ったんですけど、Google 側で確実にこれを満たしたらOK!!っていう審査基準的なものは特に発表されていないので、何で運営間もないこのブログが、しかも一発で通ったのか正直わからないのが答えです。

 

しかし、申請するまで投稿した僕の記事を見てみて、何かあなたのヒントになれば幸いに思います。

 

参考一応下記のリンクに推奨事項的な事が載っているので、参考にしてみてください

Google AdSense の審査についての推奨事項

 

審査を申請したときのこのサイトの状態

 

2018年の12月25日までに作成した記事数は19件

審査申請をしたのが2018年の12月17日で記事数は12件

 

記事の内容は主にアフィリエイトで初心者へ伝えたいと思ったHow to 記事を主に書いていました。

 

  • WordPressの開設方法
  • コピーライティング関連
  • アフィリエイトの始め方

 

が主な記事内容です。

 

これといって特別な事は書いてなくて、初心者の人が何らかの疑問を持つだろうなぁと思う記事をひたすら書いていました。

 

文字数は1,000文字~3,000文字弱でブログとしてはそこまで多くない文字数です。

 

誠太

記事数が申請時12件だったということで、審査に通らない人にとっては腹が立つ数字かもしれませんね・・・(汗)

 

Google AdSense に通過するために心がけるべき点

 

 

参考リンクを見てみると、簡単なポイントは下記です。

 

  • 記事の推奨文字数は1,000文字以上
  • 記事数は30記事を目安
  • 見出しを付けて見やすくする
  • 記事内に画像は1枚以上必要
  • ネットユーザーに有用な情報を提供できる記事作成

 

30記事の50%にも満たない状態での申請で通ったのはやはり謎ですね。

 

次に記事を作成する上で、当時心がけていたことを下記に書いて行きたいと思います。

 

なるべく1つの記事で必要な情報を提供

 

文字数が1,000文字~3,000文字となってしまったのは、1つの記事内で必要な情報は全部記載しようと思っていたからです。

 

そのほうが、いろんな記事を見なくてもいいし、僕の記事を読見ながら作業をしてくれたら、ブラウザのタブもそんなに開かなくても良くなるので、作業効率が良くなるはずですしね。

 

誠太

いろんな記事を読んでもらいたいとは思いつつも、ひとつの記事内に多くの必要な情報を入れ込むのは、いつもの事ながら葛藤が生まれますね(笑)

 

でも、もしかしたらそれが結果的に好転したのかもしれません。

 

なるべく記事を読んでくれる人に読みやすいように、わかりやすいようにと文章を書くのがへたくそながら書いていたので、その気持ちが Google 先生に伝わったのかもしれません。

 

1日1記事のブログ更新

 

これは正直どうなんだろうかと思います。

 

多分記事数が多くても審査が通らない人は居ると思います。

 

今でもそうですが、僕は早くこのブログを成長させたくて、1日1記事更新をしていったら単純計算で3ヶ月で100記事。

 

まずはその数字になるまで、堅実に記事を作成していく事を目標に書いています。

 

でも闇雲に記事を書いているわけではなくて、初心者アフィリエイターがどんなことに疑問を持つか常に考えつつ記事を作成しています。

 

「アフィリエイト初めたてのときはこうだったなぁ」

「これを初めに知っておいたら、先々迷わなくても良いだろう」

「これ絶対最初わからない(笑)」

 

などなど、自分の中の経験談から出てくることを書いています。

 

早々にこのブログを初心者アフィリエイターの知識の箱にしたいので、アフィリエイトで迷ったら Limitless.net という代名詞的なブログサイトにするのが僕の夢のひとつでもあります。

 

誠太

やばい、すごく大きな事いってるぞ。

干されないかな俺・・・

 

常にブログ・サイトの見やすさの向上を怠らない

 

これはもう日々毎日考えています。

 

自分よりも上級者ブロガーが多く居るネットビジネス社会なので、他のブロガーのサイトを見ては自分のサイトと見比べています。

 

「ここのサイトはシンプルなのになんでこんなに見やすいんだ」

「なんで、記事内の装飾がすごく少ないのにこんなに読みやすいんだろ」

「色味の問題かな、それとも文字の大きさ?各記事の構成の統一性?」

 

正直見ているだけではキリがないんですけどね(笑)

 

ただ、これに関しては「どうして?なぜ?」の疑問を頭の中に発生させることによって、アフィリエイターとしての分析脳が養われると思っているので、一概に無駄ではないと僕は考えています。

 

また、単純に見比べるだけではなくて、自分の中で至った結論を元に自分のサイトにもその状況を作ってみることが大切だと意識しています。

 

芸術もそうですが、まずは模範から。

 

自分の中に情報をインプットして何かに吐きださなければ、疑問だけが残って一向に成長できないままになってしまいます。

 

これをやろうとすると必ずといっていいほど、新しい壁にぶつかります。

 

めっちゃストレス溜まります(笑)

 

ただ、それを乗り越えることによって自分のブログの記事の話題にも出来るので、自分の成長と合わせて一石二鳥だと思っています。

 

この考え方結構便利だと思っているので、あなたの思考回路の一部に是非加えてみてください♪

 

最後に

 

 

っとまぁ僕がブログを書く上で気をつけて来たことというか、心がけてきたことを書いてみたのですが、参考になりましたか?

 

多分僕の予想だと再三にわたって他の記事でもお話している、ネットユーザーにとって有益な記事作り・サイトの作成がキーになってくるのではないかと思います。

 

Google の運営ポリシーのトップに来ている部分なので、当然といえば当然なのかもしれませんが。

 

でもごめんなさい、数字がかかわってくる部分

 

  • 記事数
  • 文字数

 

などに関しては、本当にわかりません。

 

何で僕の過酷であろう条件化で審査が通ったのかが僕でも不思議でならないんです。

 

思うところとしては、参考リンクの中の推奨事項にページの読み込み速度の速さについて記述されていたので、もしかしたら僕が使っているワードプレスのテーマのAffiger 5 WING の恩恵なのかもしれません。

 

ユーザー目線の記事を作成したのが、2018年12月7日だったので、審査申請前に導入していたことを考えると、ひとつの要素としてはあながち否めないかもしれません。

 

「Affinger 5」 の詳細はコチラ

 

ちなみにGoogle AdWords も僕は1発で審査通過しています。

 

というか、今この記事を作成していて終盤に差し掛かった今思い出しました(笑)

 

Google AdWords の申請に関してはこのブログで申請するのを忘れていて、2018年の12月31日に認可が下りました。

 

12月の記事の中で審査していただいたことになるので、Google AdSense の状況に付随して、同じ条件の記事が2倍の状態だったということになります。

 

これも、審査があったのかどうかすら数日前のことなのに忘れていて、あまり覚えていなかったのですが、サラっと登録は済んだ記憶があります。

 

審査基準が割りと謎多き Google サービスですが、直近1ヶ月の僕の記事が審査の通らない人の役に立つはずなので、是非サイドバー下部のアーカイブから記事をじっくり読んでみてください。

 

あなたのブログの審査通過に力添えできる、何かのヒントが隠されているかもしれません♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
誠太

誠太

接客業で年間1600万円の売上を達成した経験を活かして、リアル接客とWebマーケティングを融合。『事実と根拠を明確に、誠実な情報発信』をモットーにブログを更新しています。

-アフィリエイト
-, ,

Copyright© SEITALITY , 2019 All Rights Reserved.