アフィリエイト

【無料あり】アフィリエイトで必須なキーワード選定ツールってある?!

スポンサーリンク

アフィリエイトで必須なキーワード選定ツールってある?!

 

アフィリエイトでキーワード選定のツールって必要なのはわかってるんだけど、キーワードプランナーだけでいいのかな?他にも良いツールがあったら知りたい

 

このような悩みの解決になる記事になっています。

 

こんにちは、誠太です!

 

キーワード選定をするときに、キーワードチェックツールは必須になってきますよね。

 

でもキーワードプランナーだけで良いのかというと、少し不安にもなるもの。

 

そこで本記事では、ブログの最重要事項であるキーワード選定ツールについてご紹介したいと思います。

 

検索結果の上位表示にも直結する部分になるので、どんどん活用していきましょう。

 

キーワード選定ツールを使用しないと大変なことに・・・

 

キーワード選定って実際にどういうやり方をしたらいいのか、いまいち良くわかっていない人も多いのではないでしょうか。

 

方法としては色々あるのですが、大きく分けてこちらのパターンでキーワードを決めて記事を書くと良いと思います。

 

  • 検索ボリュームが多いキーワード
  • 検索ボリュームは少ないけど、売れそうなキーワード

 

検索ボリュームが多いキーワードって?

キーワードプランナーを例にすると、キーワードプランナーでキーワードを入力して『過去の指標』というタブをクリックして検索ボリュームを見ます。

 

そうすると、『月間平均検索ボリューム』という項目があると思うのですが、ここの数字が多ければ多いほど、月に検索される回数が多いキーワードになるので、必然的にPVが稼ぎやすいという状況になるわけですね。

 

ただ、検索ボリュームが多いということは、他のブロガーもこぞって記事を書いているということなので、当然競合も強くなっていきます。

 

そのため、基本的に検索ボリュームが多いキーワードを狙うのは、サイトが育ってきてから挑戦する感覚で良いです。

 

よほどのミラクルが起きない限りは上位表示出来ないと思いますからね・・・

 

検索ボリュームは少ないけど、売れそうなキーワード

中には検索ボリュームが少ないキーワードもあると思いますが、それを無価値と思ってはいけません。

 

検索ボリュームが少ないといえども、売れるキーワードというものが存在します。

 

もしかしたら聞いたことがあるかもしれないのですが、ロングテールキーワードのことですね。

 

ロングテールキーワードは検索ボリュームは少ないものの、検索した人のニーズを察知しやすく、現状打破を願っていることが多いです。

 

そのため、ユーザーのニーズに答えた記事を書くことによって、CV(コンバーション率)が大きく変化します。

 

侮れませんよー??(笑)

 

僕が使用しているキーワード選定ツールと使い方

僕が使用しているキーワード選定ツールと使い方

 

それでは、実際にぼくが使用しているキーワード選定ツールを紹介します。

 

主にぼくが使用しているキーワード選定ツールはこちらです。

 

  • キーワードプランナー
  • ウーバーサジェスト
  • 関連キーワード取得ツール

 

基本的には、この3つのツールがあれば序盤は大丈夫でしょう。

もっと極めて細部までキーワード選定をしたいという場合は、有料ツールに手を出しても良いと思いますが、ぼくが思いつく中ではキーワードスカウターSTが良さそうですね。

 

キーワードを探す手順(キーワードプランナー編)

それでは再確認も含めてキーワードプランナーでのキーワード検索方法を紹介します。

 

いつもどんな感じで、キーワード選定をしているかということなのですが、実は結構シンプルだったりします。

 

①:関連キーワード取得ツールを使ってキーワードを洗い出す

②:キーワードプランナーに入力

※エラーが出てきたた際はキーワード削除

③:過去の指標をクリック

④:月間平均検索ボリュームをクリック(昇順)

⑤:検索意図を留意しつつ、キーワードを選ぶ

 

上記の5つの手順に分かれています。

 

ここらへんはもう皆さん慣れている、共通の検索方法だと思います。

 

ただ、⑤の『検索意図を留意しつつ、キーワードを選ぶ』が結構重要になってくるので、『この検索ワードを検索する人は何が知りたくて検索するんだろう。』という目線を常に持つように心がけましょう。

 

※キーワードプランナーはGoogle AdWords の利用登録(無料)が必要なので、事前に登録を済ませておくことをおすすめします。

 

キーワード選定で検索意図を読み解く簡単な方法

そんな検索している人の感情なんてわからないよ・・・

 

という人も少なくないと思います。

でも、誰でも出来る簡単な確認方法があるんです。

 

それは、実際にGoogleでキーワードを検索して、どのような記事が上位に上がってきているか見てみることです。

 

このときにタイトルだけではなく、しっかりと記事の中身を見て目次の内容に注意してみてください。

 

目次だけでもどのような内容が書かれているかは、ある程度知ることが出来ます。

 

そのため、上位10位の記事を確認して、どんな雰囲気の記事を書けばいいか確認できるので、この方法を使って検索意図の察知能力を磨いていってください。

 

いずれ慣れるのでスピードも上がってくるので、数をこなしましょう!

 

キーワードを探す手順(ウーバーサジェスト編)

ウーバーサジェストはキーワードプランナーと違って、結構直感的にキーワードを探すことが出来る仕様になっています。

 

というのも、キーワード検索の窓に調べたいキーワードを入力すると、自動的にロングテールキーワードなどを洗い出してくれます。

 

これが結構便利で、手軽にキーワードを調べることが出来ます。

 

ウーバーサジェストの特徴

  • キーワードの競合の激しさ
  • 広告出稿によるキーワードの価値
  • 検索ボリュームが10-100刻みで検索可能

 

ざっと簡単に紹介するこんな感じですね。

 

ウーバーサジェストを使うのはどういうとき?

基本的にキーワードプランナーでも良いと思うのですが、ウーバーサジェストを好んで使用している人も多いのが現実。

 

ぼくは両方使うことが多いのですが、詳細な数字を知りたいときにはウーバーサジェスト。

 

ざっとキーワードのデータや候補を検索したいときは、キーワードプランナーを使用するようにしています。

 

今までキーワードプランナーを使用してきたブロガーからは『そんなのは違う!』と言われそうですが、ブログ初心者はウーバーサジェスト、キーワード選定というものに慣れてきたらキーワードプランナーという感じで切り替えてもいと思います。

 

キーワード選定と組合せて使うと便利なツール

キーワード選定と組合せて使うと便利なツール

 

キーワード選定でツールを使用して記事を書いたあとに、自分の記事の順位を追いかける必要性があります。

 

それによって改善を繰り返すのですが、一つ一つ記事の自分で検索して追いかけるのはキーワードの管理等を考えても大変です。

 

検索順位チェックツールGRCを使えば計測が楽々に

SEOラボからリリースされている、検索順位チェックツールでGRCというツールがあるのですが、記事数が増えて来てもグループ順に分けたり、一目で順位を確認することが出来るのでとても楽ちんです。

 

GRCは無料で使用できるバージョンと有料のバージョンがありますが、50記事を超えたあたりから有料のスタンダードプランを導入してもいいと思います。

 

というのも、最初からある程度順位の計測が出来ていると後々になって順位を上げるためのリライトが楽になるからですね。

 

タイムリーに記事の順位管理が出来るのでおすすめです♪

 

GRCに関しては、GRCを初心者でも導入すべき理由とは【導入方法から使い方も解説】で詳しく解説しているので、ぜひ見てみてくださいね!

 

キーワード選定は最初難しいけど、慣れるから大丈夫!

キーワード選定は最初難しいけど、慣れるから大丈夫!

 

キーワード選定ツールは効果的に使うことで、記事ネタにも困ることがなくなってきます。

 

キーワード選定ツールに表示されたキーワードを元に記事を書いていって、読む人が助かる記事を書き続ければ順位も上がり収益も上がる。

 

という簡単なものではないのですが、実際それが積み重なって収益に結びつくようになってくるので、こちらの記事をあわせて読むと更に一歩全身に近づくと思います。

 

ぜひ、ご覧ください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
誠太

誠太

理系の文系ブロガー。理系脳ではプログラミングを、文系脳ではブログの運営についてのHow toを話題にブログで紹介しています。年間で1,600万を売り上げた実績を元にマーケティングにも触れ、プログラミングの学習方法やブログでの稼ぎ方について情報発信中!

-アフィリエイト
-

Copyright© SEITALITY , 2019 All Rights Reserved.