転職

【転職を簡単に済ませたい!】転職レベルを下げて即決を狙うのが賢い選択

スポンサーリンク

【転職を簡単に済ませたい!】転職レベルを下げて即決を狙うのが賢い選択

 

取り合えず今の会社をやめて、自分のやりたいことを見つけたい。だけど、働かないわけにはいかないから中継ぎで簡単に転職したい。

 

このような悩みにアドバイスしたいと思います。

 

こんにちは、誠太です。

 

今回は、転職を簡単に済ませる方法についてお伝えしたいと思います。

 

ただ、本記事の内容は『とりあえず転職をしたい人』向けの記事になっているので、年収をあげたいと考えている場合は【実体験】転職のベストタイミングを『転職回数10回の経験』からアドバイスをご覧ください。

 

『今の会社が嫌で仕方なく、明日の朝を迎えるのも嫌で、今すぐ逃げ出したい』

 

もし、このように思っていれば、本記事の内容が大いに役立つはずなので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

 

スポンサーリンク

【転職を簡単に済ませたい!】転職レベルを下げて即決を狙うのが賢い選択

【転職を簡単に済ませたい!】転職レベルを下げて即決を狙うのが賢い選択

 

転職を簡単に済ませたいと思っていれば、転職する際のレベルを下げることが最適解です。

 

転職を簡単に済ませるために

転職する際のレベルを下げるというのはどういうことか。

 

  • 専門知識を必要としない仕事
  • 面接回数が一回の求人
  • 雇用形態が契約社員・派遣・アルバイト

 

だいたい、こんなものでしょうか。

実際正社員の求人でも、転職するレベル的に低い企業などはあります。

 

しかし、『次に転職をするための中継ぎ』というように考えると、正社員の雇用で転職するのは次の面接で面倒なことになるので、正社員以外がおすすめです。

 

次のステップに向けて転職先を探す

自分が本当にやりたいことは何かを探すための時間稼ぎのような期間になると思うので、派遣でもアルバイトでも良いと思います。

 

ただ、ここで気を付けておきたいポイントとしては、転職先が激務でないところを選択するべきということです。

 

ポイント

激務じゃない仕事の探し方は、ひとつの方法として『月間残業時間◯h』の時間が10時間以内の求人

 

激務の職場に就職してしまった場合、先々のことを考える暇がない日々を送ることになってしまうので、注意しましょう。

 

とはいっても、『残業も無く定時に帰れる職場があるのか』『さっきのポイントだと残業必須になるんじゃないか』というところなんですが、残業時間が10時間以内の場合は仕事の効率化でなんとでも削ることができるので大丈夫です。

 

残業がない仕事に関しては、単純作業系に多く存在しています。

 

派遣で働きつつ、進みたい道を探す期間にする

派遣社員やアルバイトと聞くと、周りからの評価が下がるんじゃないかと心配になる人もいると思います。

 

でも、大体自分が派遣社員で働いているのか、アルバイトで働いているのかは、自分からカミングアウトしなければ表に出ることはまずありません。

 

誠太
何の仕事してるの?
工場勤務だよー!
誠太
工場で働いてるんだー!正社員で働いてるの?
違う違うー、普通に派遣だよー。

 

こんな感じの会話にならない限りは、大丈夫です。

しかも、『正社員?』と聞いてくる人の場合は、相手自身も正社員で働いていない可能性が高いので、普通に派遣で働いていることやアルバイトで働いていることをカミングアウトしても問題ありません。

 

むしろ仲間意識が生まれて、仲が深まる可能性すらあります。

 

正社員という名の派遣会社は要注意

ここで、過去の体験談を一つ。

ぼくは、過去にパチンコ店でアルバイトを数ヶ月だけしていたことがあります。

 

これもいわゆる中継ぎだったのですが、難易度の低そうな正社員求人があって応募したところ、いつもの通り一発合格で正社員として働くことになりました。

 

しかし、予定外のことが発生。

正社員とは言いつつも、正社員として雇われている派遣社員的な会社で、日本全国に転勤させられるような環境だったんです。

 

当時、彼女もおらず独身だったので、会社に振り回されることに抵抗はなかったのですが、もしこの記事を読んでいるあなたが過程を持っていたり、大切なパートナーがいる場合は即退職した方が良いと思います。

 

正社員型の派遣社員会社の見分け方

あえてその企業は伏せますが、見分け方としては、本拠地が東京都内なのに勤務地が日本全国にある会社などです。

 

事業所が日本全国に散らばっているということは、それだけ出向させることができる場所があるという事になります。

 

全国展開もしていて安心だと思いがちですが、人手不足になった場合には容赦無く転勤させられるので、本気で注意が必要です。

 

自分のやりたいことを見つけるための期間どころの話では無くなってしまいます。

 

転職を簡単に済ませるリスクは割と大きい

転職を簡単に済ませるリスクは割と大きい

 

転職を簡単に済ませるための方法などを、ここまでお伝えしてきましたが、デメリットになりうるポイントについても解説しておこうと思います。

 

計画的に転職しないとズルズル働くことになる

転職自体を簡単に済ませることは、ぶっちゃけ簡単だったりします。

ただ、計画的に転職をしないと自分でも想像しなかったような状況になってしまうことがあるので、注意が必要です。

 

ほぼ転職することになることを覚えておく

中継ぎ転職 は必ず次の転職に向けての時間稼ぎの期間になります、

 

そのため、次の転職に向けて日々転職の準備をしておかないと、ズルズルと働くことになってしまい、結局次の転職も中継ぎ転職になってしまう危険性があります。

 

今自分が働いているのは次の転職への布石という気持ちを忘れずに、次のステップの準備を怠らないようにしましょう。

 

転職時からやめる気持ちでいないと、状況悪化

転職時からやめる気持ちでいないと、状況が悪化してしまう可能性があります。

 

これは、ぼくがそうなんですが、仕事をして働くこと自体が好きな人だった場合、中継ぎなのにガチで仕事をしてしまって無駄に体力を使ってしまうという状況になります。

 

こうなってしまっては、転職をする準備をするどころでは無くなって、仕事を覚えてこようものなら正社員で雇用してもらうことを目指してしまうという事にもなってしまいかねません。

 

中継ぎ転職をした場所が天職だと感じたのなら、その選択肢は間違った選択にならないかと思います。

 

しかし、そうじゃなかった場合、かなり遠回りしてしまう可能性すら出てきてしまうので、当初の目的を忘れないように注意が必要です。

 

転職を簡単に済ませるなら目的をはっきりさせる

中継ぎ転職を成功させるためには、目的をしっかりと忘れないことが重要です。

 

ポイント

転職を簡単に済ませる目的は、今いる状況から逃げ出して次のステップに進むため。

もしくは、中継ぎ転職をしたのは、自分のスキルを磨いて次の転職までに実務レベルにまで底上げするため。

 

あくまで、転職を簡単に済ませるのは、イージーモードで年収を高めたりするためでは無く、目的のある転職をするための期間であるということです。

 

注意

転職目的を忘れてしまった場合、軸がないこんにゃくのような状態になってしまうので、惰性で働いて、自分の意志なく転職を繰り返す未来が待っています。

 

簡単に想像できると思うのですが、そうなると、本記事の振り出しに戻りループする事になります。

ループするとどうなるかというと、年単位で時間を無駄にする事になるので、かなりリスキーです。

 

あくまで、自分のやりたいことを見つけて、見つけたらやりたい仕事に就くためのスキルを身につける期間であることを忘れずに、日々仕事をすることが重要になってきます。

 

転職を簡単にすることは可能だけど、計画的な転職が必要

転職を簡単にすることは可能だけど、計画的な転職が必要

 

転職を簡単に済ませて、次のステップに進むための準備をしながら働くというのは、案外実現可能なものです。

 

しかし、その中継ぎ転職を成功させるためには、周りの評価を気にせず時間の取れる仕事に転職をして、定時で上がれる仕事に就くことが必須条件です。

 

そして、定時で本業を終わらせてからが本番。

スキルを1日でも早く定着できるように、使える時間はフルで使っていくようにしましょう!

 

オススメ記事転職する勇気が出ないで転職できない人へ【転職は全然怖くない理由】

オススメ記事転職を繰り返しても正直リスクゼロなので心配しなくてもOK【転職成功法】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
誠太

誠太

接客業で年間1600万円の売上を達成した経験を活かして、リアル接客とWebマーケティングを融合。『事実と根拠を明確に、誠実な情報発信』をモットーにブログを更新しています。

-転職
-

Copyright© SEITALITY , 2019 All Rights Reserved.