ブログアフィリエイトで稼ぐ

Limitless.net

  • サイト管理人
誠太

誠太

接客業で年間1,600万円の売上を達成した経験を活かして、リアル接客とWebマーケティングを融合。アフィリエイト初心者やブロガーに向けて一助できるような情報を発信。

アフィリエイト入門講座

アフィリエイトにおけるクッキー戦略を分かりやすく解説!

更新日:

アフィリエイトで稼ぐ方法っていうのは分かったけど、
アマゾンとか楽天とかの商品リンクってその場で購入されないと、
自分の報酬に結びつかないんだよね?

 

誠太

良いところに気が付かれましたね!

実はその場で商品を購入されなくても、自分の報酬に結びつける事は可能なんですよっ♪

 

え?!そうなの?!

でもそれってどんな仕組みなの?

 

というそこのあなたへ!

楽天とアマゾンを例として、クッキーの違いと報酬単価の違い。

両者ASPを使用するのに適している場合の運用方法をお話して行きたいと思います。

 

「そもそもASPって何?」

という方は下記のページをご覧ください。

ASPについての解説ページはこちら

 

その場で購入!じゃなくても稼げる仕組み「クッキー」とは

 

クッキーという言葉は聞いたことがあるでしょうか?

 

ここでお話しするクッキーとは、パソコンやスマホでインターネットを使って行った動作を
記憶しておくためのもの
です。

 

物販商品を扱うアフィリエイトでは超重要事項になりますので、
アフィリリンクとクッキーの結びつきについて、一緒に確認して行きましょう。

 

広告はその場で購入して頂かなくても大丈夫!

 

その場で購入してもらわなくても大丈夫と聞くと少し安心しますね。

 

ただ、同時に不安にも思えるのではないでしょうか?

 

「その場で購入してもらわなかったら、
ほかの人のページで買われてしまうんじゃないの?」

 

 

この不安は誰しも持ちますし、僕も最初知ったときは不安に思いました。

 

誠太
物販系のアフィリエイトって激戦区じゃんか・・・

 

でも、実際のところはそうではありませんでした。

 

楽天とアマゾンではクッキーの保存期間が違う

 

ここで、楽天とアマゾンのクッキーの保存期間を見て行きましょう。

 

楽天:クリックされてから30日間

アマゾン:クリックされてから24時間

 

24時間?!尚更当日中とかすぐ購入してもららわなきゃ!と思われましたか?

 

一旦その考えは置いておいて、ちょっとだけ報酬単価のパーセンテージを見てみましょう。

 

楽天とアマゾンの報酬単価の違い

 

楽天とアマゾンの報酬単価例は以下の通りです。

 

楽天:概ね商品金額に対して1%

アマゾン:商品金額2~3%(商品によって単価が少し変動します。)

 

楽天は報酬金額の単価が1%だけどクッキー保存期間が長い
アマゾンは報酬金額の単価が高いけど、クッキー保存期間は24時間

 

どっちも良し悪しじゃんか。。。

 

数字だけ見るとそう見えますよね!

ただちょっともう少しだけ深く考えてみてください。

売り方によってですが、楽天かアマゾンの選択を間違えると報酬額に大きく差が付いてきてしまいます。

 

楽天・アマゾンの使い分け戦略

 

特徴は上記2項で解説したとおりです。

 

アマゾン

 

例えばあなたがトレンド系のブログを運営していたとして、
1日のPV数が1万PVだったとします。

 

トレンドブログなので旬な話題を選択して、
関連商品などのリンクを紹介していると思います。

 

旬な話題を紹介しているという事は、
商品に関しても旬という特徴が付随する事になるので、
記事単位で考えると売れやすい商品に分類されるはずです。

 

僕の場合だったら、アマゾンリンクをクリックした時点で興味があるので、
値段が自分の許容範囲内であれば、その場で購入してしまいます。

 

あなたの運営しているブログの読み手様は、商品を購入されるまでに
24時間も必要なのかというところに着目してみましょう。

 

中には少し考えてからという人もいるかと思うので、
一概には言えませんが、その場で購入する場合がほとんどじゃないでしょうか?

 

となると、クッキー保存期間が短いアマゾンでもPV数が1万ほど稼げていれば、
楽天と比較してトータルの報酬金額が必然的に倍以上の差が付きます。

 

では楽天はどのように利用したら。。。

 

迷いますよね。

 

僕だったら、アマゾンを使用して収益に結び付けやすいのはトレンド系のブログ。
楽天を利用する場合は、長期的にいろんな人に見てもらえる情報発信系のブログで
使い分けて使用します。

 

楽天

 

楽天の最大の特徴といえば、クッキーが残っていればクリックした人がほかの商品を
購入しても自分の報酬になるという点が強い
です。

 

あなたが本マニア的なブログを運営していたとして、
楽天ブックスのリンクをクリック後、
購入にはいたらずも数日後に空気清浄機を読み手様が購入したとします。

 

この報酬はあなたに支払われる事になります。

 

そのため、30日間のクッキー保存期間が思いもよらない報酬に結びつく場合があります。

 

本のページを運営しているのに、実は30万する時計の報酬が来ていたなんて経験をした人も
アフィリエイターの中にはいるかもしれませんね。

 

僕はわずかな可能性にかける博打的な思考はあまり好きではないのですが、
正直、夢のある話だと思います。

 

誠太

さーて今日の報酬チェックといくかぁ・・・

時計?!

 

みたいなね♪

 

自分のブログの属性に合わせたASP選びが超重要!!

 

つらつらと文字を書きましたが、楽天とアマゾン、各ASPの特徴を見てみると
自分のブログに合ったものを選ぶのが一番良いかと思います。

 

「楽天よりもアマゾンが好きだからアマゾンー」

 

という安易な考えは本来得られるべき報酬をみすみす逃している場合があるので、
もしあなたのブログが収益をしっかり見越したブログとして運営しているようであれば、
この楽天かアマゾンかの選択を見直してみたほうが良いかもしれません。

 

今まで考えていなかった・・・

ちゃんとASPの特徴を見るのは大切だね・・・

 

以上、楽天とアマゾンを例にしたクッキーの解説でした。

 

その場で購入してもらう事を目的とした記事。

その場ではなくとも、長期的に販売を見越した記事。

 

それぞれで使い分ける事がキーポイントになってくるので、
今一度この記事、このブログはどんな属性なのかと向き合ってみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
誠太

誠太

接客業で年間1,600万円の売上を達成した経験を活かして、リアル接客とWebマーケティングを融合。アフィリエイト初心者やブロガーに向けて一助できるような情報を発信。

-アフィリエイト入門講座
-,

Copyright© Limitless.net , 2019 All Rights Reserved.