ブログアフィリエイトで稼ぐ

Limitless.net

  • サイト管理人
誠太

誠太

接客業で年間1,600万円の売上を達成した経験を活かして、リアル接客とWebマーケティングを融合。アフィリエイト初心者やブロガーに向けて一助できるような情報を発信。

ライティング

【賛否両論!】ブログ記事で重要視するのは量産?内容?

更新日:

 

ブログを始めたての時に、ブログをとりあえずたくさん書けばいいのか、それとも質を重視して時間を掛けて1日1記事更新したほうが良いのか、迷ったことはありませんか?

 

最強なのは、質を重視した記事を量産することなのですが、仕事や家事と両立しながらではやはり難しいのが現実ではないかと思います。

 

そのため、本記事では時間がない中で量産記事を1日に1記事更新するべきなのか、それともある程度の質を保って記事を量産したほうが良いのかということについて解説してみます。

 

  • ブログの記事を量産するべきか、良質な記事を作成するべきかを知ることができ、記事作成の方向性が定まるようになります。

ブログ記事で重要視するのは量産?内容?

 

 

すごく賛否両論分かれるタイトルですが、僕は内容重視に比重を置いたほうが結果につながると思っています。

 

理由は、量産記事は情報が薄く、ほしい情報を得た時の喜びを感じづらいからです。

 

例えば自分が熱弁したいテーマで書いている記事とそうでもないけど、とりあえず需要がありそうだからなんとなくで書いている記事があったとしたら、熱弁したいテーマのほうが読者さんの心に響く可能性が高く、共感を得る可能性も上がります。

 

熱弁したいテーマに関しては、伝えたいという感情が入るので、文章中でも躍動感が少なからずその感情が表れてきて、読んでいて楽しく読むことができます。

 

しかし、需要がありそうだからなんとなく書いている記事は説明っぽくなるので、書き手の感情が薄く読んでいて共感できない部分が多くなってしまう可能性が高まります。

 

書き手と読み手のバランスが大切

 

 

記事の感情に関してはバランスがとても大事なんじゃないかと思っています。
書き手中心に書いている記事に関しては前項でも記載しましたが、自分の感情が入っていないので、あまり読み手の中に内容が入ってきません。

 

対して、読み手中心に書いている記事に関しては悪くはないと思うのですが、書き手がどう思っているのかよく分からない記事になってしまいます。

 

それじゃあ、どれくらいの比率がベストなの??
アーサー

 

オススメの比率を考えてみたのですが、僕が推奨する比率は下記です。

 

書き手:読み手の推奨比率

3:7

 

この比率バランスが分かりやすいのかなと思います。

 

あくまで記事の内容の比重は読み手の人において、その記事内容に対しての書き手の考えを3割程度に抑える。

 

言葉にするのは簡単ですが、実際に行動に移すと難しかったりします。

今作っている記事の内容はこれで伝わるのか不安になる部分も出てくるでしょう。

 

しかし、作文を書くのと同じで文章は書いて自分なりのスタイルと持論を持つのが一番手っ取り早いと思います。

 

例えば僕の場合は、画像に助けてもらいながら読み手の方にイメージしやすいように工夫をしています。

 

基本的なことですが、画像が読者さんに与える影響は大きいです。

 

Google先生はユーザー目線第一がキーポイント

 

 

最近読んだ本で知ったのですが、Google が最も大切にしているものはウェブ検索エンジンを使用しているユーザーです。

 

ユーザーを重要視している理由については、元Google社員で、現在はマネタイズパートナーとして活躍されている 石田 健介さんの著書で明記されています。

 

 

ユーザーがいて、広告があって、その広告を宣伝する僕たちがいて、その場所をGoogleが提供してくれています。

 

この順番の優先順位を考えると下記のようになります。

 

Googleが考える優先順位

ユーザー(読み手)に有益な情報を提供できると広告のクリックや高倍率が上昇して、アフィリエイターへの収益も上がり、Googleもその分広告収益を得ることが出来る。

 

これを踏まえて考えれば、アフィリエイトでも同じで、ユーザー(読み手)と広告主がいるから僕たちの収益となるので、ユーザーをないがしろにしてしまっては、Googleの評価は上がらないということになります。

 

故に量産記事ではなくて、内容重視の記事を僕は推しています。

 

読んでいて楽しくなかったり、有益性の低い記事は読み手の行動に現れ、ブラウザバックを押されてしまいます。

 

Googleはあなたのサイトページにユーザーがどれくらいのページを閲覧しているかという滞在時間を見てサイトを評価しています。

 

ユーザーへの有益な情報を提供する、内容重視の記事を作っていけば、量産よりもはるかに需要のあるサイトに成長していくのは間違いありません。

 

困っている人を何とか助けてあげたい、ヒントになりたい気持ちを持つ

 

 

ブログを書く時にはユーザーを大切にした内容重視の記事作成が重要です。

 

まずは、1日1記事を目標として記事を更新していって、1日のルーティンの中に入れてしまうのが良いかと思います。

 

今回お伝えした、ユーザー目線に関しては下記の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧いただくとより知識を深めることが出来ると思います。

 

【必読】ブログで必須なユーザー目線とは!何を意識するかを徹底解説

  誠太こんにちは、誠太です!   ユーザー目線とよく口にする僕ですが、実際にはどうやってその目線に立てるのかを解説してみたいと思います。   実績として 世界展開をして ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
誠太

誠太

接客業で年間1,600万円の売上を達成した経験を活かして、リアル接客とWebマーケティングを融合。アフィリエイト初心者やブロガーに向けて一助できるような情報を発信。

-ライティング
-, ,

Copyright© Limitless.net , 2019 All Rights Reserved.