ブログについての情報を中心に、ギター関連の上達法や転職情報など幅広く発信中。悩み解決に特化したHow toメディア。

Limitless.net

仕事の悩み

職場で孤立しやすい人の傾向とは【5つのパターンから解決策を紹介】

更新日:

職場で孤立しやすい人の傾向とは【5つのパターンから解決策を紹介】

 

職場での孤立を自分で望んでいる人はいないでしょう。

 

職場で孤立状態になってしまうと、色々と不都合なことが多いです。

 

本記事では、社会人10年間で孤立している人の傾向をリストアップし、孤立しないための対策を紹介していきたいと思います。

 

あなたにもし当てはまっているところがあれば、本記事を参考にし1ステップ踏み出すキッカケにしていただければ幸いです。

 

職場で孤立しやすい人の傾向とは

 

職場で孤立しやすい傾向とは、主に周りの従業員と馴染めない場合が多いように感じます。

 

個性が強かったり、人の話を聞かなかったり、原因は様々です。

 

ボクの経験上職場で孤立している傾向にある人を5パターンに分けてみたので、まずはそのパターンを確認していきましょう。

 

職場で孤立しやすい5パターンとは

 

職場で孤立しやすい5パターンとは

 

職場で孤立しやすい5パターンは下記の箇条書きのとおりです。

 

職場で孤立しやすい5パターン

  • プライドが高く、他の人と違うと思っているタイプ
  • 引っ込み思案で自分を表現しにくいタイプ
  • 空気が読めないタイプ
  • 笑顔が少ないタイプ
  • 仕事の要領が悪いタイプ

 

職場でこのような人を見かけた経験は誰しもあると思います。

 

それぞれの人にも良いところに注目すると、職場では強い戦力になる持ち主だと思いますが、周りの人はそこまで理解をしてくれないものです。

 

今までの職場経験上、ボクが「高改善したらいいのに・・・」と思ったことを書いたので、次の項目から順番にご覧ください。

 

孤立パターン① プライドが高く、他の人と違うと思っているタイプ

 

あなたはプライドが高い方ではありませんか?

 

仕事が職場での最大のステータス。

 

たしかにその考えは間違っていないかもしれません。

 

事実ボクも、職場では他の人よりも仕事ができる人間になるための努力は惜しみません。

むしろ、スキルが上がることを楽しいとさえ思います。

 

しかし、その気持を強くモチすぎると、周りから「あいつは勘違いしている」と思われてしまうことも・・・

 

孤立パターン② 引っ込み思案で自分を表現しにくいタイプ

 

自己表現が乏しいと、自然と影が薄い状態になってしまうので、周りからも気に留められなくなってしまう可能性が高いです。

 

仕事が集団で行うものだった場合、自分を表現できないことによって孤立してしまうのは結構きついですよね・・・

 

おとなしい性格で、静かに仕事をしたいと思っている人に多い傾向であると思います。

 

孤立パターン③ 空気が読めないタイプ

 

空気が読めないと、発言のタイミングやある事柄の対応がお門違いだった場合、周りが求めている反応や行動と異なってしまうために周囲の人から距離を置かれてしまう可能性が高いでしょう。

 

思ったことをそのまま口に出してしまってはいませんか?

 

その対応は本当に相手を思っての行動でしょうか?

 

いま一度考えて見る必要がありそうです。

 

孤立パターン④ 笑顔が少ないタイプ

 

笑顔が少ないタイプの場合は、表情変化が乏しいために周りから何を考えているかわからない人と思われてしまうことが多いです。

 

元々感情表現が苦手ということもあると思うので、表情を変える状況をパターン化して完全に無表情・無感情の状況を改善する必要があるでしょう。

 

孤立パターン⑤ 仕事の要領が悪いタイプ

 

教えられた仕事を順序よくできない人にありがちなパターンです。

 

「何回同じことを言わせるんだ!!」

 

なんて怒られたことも多いのではないでしょうか?

 

教えられた仕事をいっぺんに覚えようとしてしまって、仕事の順序が整理できないまま仕事を始めてしまうと順序も何も無くなってしまうので、仕事を行う上で順序を整理する必要がありそうです。

 

職場での孤立を改善する対策と提案

 

職場での孤立を改善する対策と提案

 

職場で孤立しやすい5パターンはいかがだったでしょうか?

 

あなたに当てはまるパターンはありましたか?

 

次は各パターンごとにボクが考えるアドバイスを紹介していきます。

 

①~⑤は前項で紹介した5パターンと同じ番号にしているので、当てはまったあなたの傾向の番号で対策案を確認してください。

 

職場での孤立対策と提案① 自分の評価を少し下げて、周りを見る

 

仕事が自分でできていると思っているパターンの場合は、自分の中では精一杯やっているから認めてほしいと周囲に自己顕示を要求している場合が多いのではないでしょうか。

 

しかし、周りの従業員の仕事のできる「範囲・精度・スピード」をトータルして考えると、あなたよりも優秀な人材はたくさんいませんか?

 

この事実を自分の中で認められないと「あいつは勘違いしている」と周りに思われてしまうので、まずは周りと自分を比較して正当に評価・分析をしてみることをおすすめします。

 

周囲と自分を正当に比較して評価することによって、自分の仕事スキルの穴を見つける事ができます。

 

その分析結果から更に仕事の精度を高めることによって「あいつは勘違いしている」から「あいつは本当にすごい」と言われるようになるため、頼られる存在に自分を変化させることができます。

 

人から頼られるということは、自然と孤立することもなくなるので、真に仕事を極めて見ることを試してみてはいかがでしょうか。

 

職場での孤立対策と提案② 少しずつ職場の人に質問の量を増やす

 

引っ込み思案・内向的な性格であっても、仕事をするにあたって仕事に対しての質問は必ずすると思います。

 

あまり度が過ぎてもいけませんが、日頃質問をする回数が1日を通して3回ほどだった場合、倍の数の6回にしてみてはいかがでしょうか。

 

必然的に従業員や上司とのコミュニケーションを取ることが出来るようになるので、相手にあなたの性格を知ってもらえる機会が倍増します。

 

そうすることで、必ず世話焼きの人や思いやりのある人がいるので、きっとあなたのことをカバーして、周りの人の会話に参加させてくれる機会を与えてくれるときが来るでしょう。

 

また、その時にうまく話せなかったとしても、あなたをカバーしてくれる人が周囲へのフォローをしてくれるはずなので、一回の失敗でめげずに何度もトライしてみてください。

 

職場での孤立対策と提案③ 発言の前に一回ストップしてみる

 

空気が読めない人の傾向として、自分の思ったことをそのままストレートに発言してしまう場合が多いかと思います。

 

自分が思ったことを発言することは職場でとても大切な要素になってしまいますが、その発言全てが有益な発言ではないことを理解しておいたほうが良いでしょう。

 

あなたの発言で周囲が不快になってしまう可能性はないか、仕事がやりにくい状況にならないかを発言前に判断してから発言することをおすすめします。

 

ポイントは不自然にならない程度にストップをかけることです。

 

しかし、慣れるまでは大変だと思うので発言するときに疑問形にして発言してみてください。

 

  • 現在形:いやいや、それは〇〇でしょ
  • 質問形:いや、それって〇〇なんじゃないですかね?

 

こうすることで、ストレートに伝えるよりも威力は低くなるため、空気が読めないと思われる度合いが減少することでしょう。

 

職場での孤立対策と提案④ 「ありがとうございます」と笑顔をワンセットにする

 

職場で生活をしているとお礼を言うタイミングが1日に1回は必ずあると思います。

 

そのお礼を言うタイミングで笑顔も一緒にプラスしてあげることによって、相手に対して好印象を与えることができ、何を考えているかわからないという印象に変化を加えることが出来るでしょう。

 

表情が1つプラスされることで、相手に対しての印象はガラッと変わってきます。

 

笑顔が相手に与える影響は、あなたが想像しているよりも絶大です。

 

話しかけてもらえるキッカケを生み出してくれたり、第三者に明るい人という印象も持ってもらえる可能性が高いので、この方法をおすすめします。

 

職場での孤立対策と提案⑤ 与えられた仕事を分析して、階段のようにステップ化させる

 

仕事の要領が悪い場合は、仕事の細分化ができていない可能性が高いです。

 

1枚の板と8本の木材(うち足に当たる部分の木材の寸法は同じ)でベッドを作って欲しいと言われたとすると、下記のような手順を想定できます。

 

  1. 先に4枠を釘で打ち込み、枠組みを作る
  2. 四隅に足となる板を内側の角に立てて釘で打つ
  3. 1・2で組み立てた枠組みをひっくり返して、板を載せてベッドの完成

 

厳密に言うともっと細かく書くことが出来るのですが、例としてはこのように仕事をステップ化させることで仕事の手順を整理することが出来るため、要領が悪い自分から生まれ変わることが出来るでしょう。

 

自分の行動から相手の反応を見て、取るべき行動を導き出し孤立改善

 

自分の行動から相手の反応を見て、取るべき行動を導き出し孤立改善

 

職場での原因は自分が原因になっていること以外にも、周囲からの影響で孤立してしまっている場合もあるかと思います。

 

しかし、自分を変化させると周りを変化させるよりも簡単に状況が変化するので、周りに期待するよりもまずは自分から動いてみましょう。

 

「もう心が限界・・・」

 

と思われているようであれば、思い切って転職をしてみるというのも手ですし、ボクのようにブログを使ってアフィリエイトをしてみて、あなたの努力がそのまま還元される業界に一歩足を踏み入れてみても面白いと思います。

 

ブログのことであれば初歩からサポートすることも出来るので、このサイトの他の記事や下記のアフィリエイト初心者講座からはじめの一歩を踏み出してみてください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
誠太

誠太

接客業で年間1600万円の売上を達成した経験を活かして、リアル接客とWebマーケティングを融合。『事実と根拠を明確に、誠実な情報発信』をモットーにブログを毎日更新しています。

-仕事の悩み
-

Copyright© Limitless.net , 2019 All Rights Reserved.