ブログについての情報を中心に、ギター関連の上達法や転職情報など幅広く発信中。悩み解決に特化したHow toメディア。

Limitless.net

BLOG術

【売れない!】購買意欲を増加させる文章のコツ!オススメはダメ?!

更新日:

 

誠太
こんにちは、誠太です!
アーサーでーす!
アーサー
誠太
アイキャッチすごい表情だな・・・(笑)

 

今回は僕のプロフィールにも記載しているのですが、接客業でつちかったマーケティングトークを元にして、アフィリエイトでも使用できるライティング方法を分かりやすく解説していきたいと思います。

 

年間1,600万円の売上を上げることができていた僕が実践していた方法なので、実際にアフィリエイトでも役に立てられるのは間違いないので、あなたの役に立ちそうであれば是非ブログの締めの文章やライティングに活用して頂ければ幸いに思います。

 

人にほしいと思ってもらえる文章のコツ

 

 

人は商品を感情で購入すると、よく言われています。

 

では、感情で商品を購入するとは具体的にどんな状況だと思いますか?

 

これはあなた自身も体感していることなので、今まで自分が欲しかったものを手に入れた時の感情を思い出すことが理解への近道となります。

 

あなたが「欲しい」と思った MacBook や ゲーム、ガジェットなどはなぜ欲しかったのか。

 

この点を振り返ってみると、あなた自身もその商品を手に入れることによって生活の環境が豊かになること、楽しい日常のきっかけになること、所有欲が満たされることによってストレスを解消させるためなど、様々な理由があったのではないかと思います。

 

この心の動きが分かるとあなたの商品販売のCV(コンバーション・成約)がグッ!と上がることとなるので、一度今まで自分がほしかったものを手に入れた時の感情をいま一度、思い出してみて下さい。

 

人に理屈でモノを買わせようとするのは無理!

 

人がほしいと思う文章は理屈感の強い文章では作るのがなかなか難しいのは現実です。

 

リアルな対人接客での理屈でのトークは、いわゆる「押し売り」の感覚を抱かれる人が多いかと思います。

 

理屈攻めで勝負をしようとすると、言いくるめられている感覚やこれ以上話を聞きたくないと思われてしまい、結局のところ販売に結びつくケースが少なかったのです。

 

誠太
今思えばもったいなかった・・・

 

中には理屈で理解して納得される方もいるので、ブログで理屈っぽい文章でアフィリエイトしたい場合は、ペルソナの設定を細かく決めておくほうが良いかと思います。

 

アフィリエイト初心者や、あなたが販売しようとしている商品ジャンルの初心者に対して理屈で攻めようとしても、成約に結びつけるのはかなり苦戦するはずなので、なるべく理屈っぽく見えない文章でブログを書いたほうが、より相手に伝わりやすい文章になることでしょう。

 

あなたのブログに訪れた人が商品を購入する時は

 

  • 商品の魅力を伝えた時?
  • 商品が割引されている話をした時?
  • 大勢の人が使用している事を伝えた時?

 

ではないと思います。

 

これはキッカケに過ぎず、直接的に「ほしい」と思う文章にはなりえないのが真実です。

 

実際にブログの読者さんやDRM等でアプローチをかけているあなたがうまく収益化に結びつけることができないのは、直接的にその商品の良さを伝えているからかもしれません。

 

人間が商品を「欲しい」と思う瞬間は、今抱えている現状を打破できるものかどうか、その商品を自分のものにしてどんな未来を手に入れることができるかが最も重要になってきますので、その点に注意してアフィリエイトの文章を書き換えるだけでも現状を変えていくことは充分可能です。

 

アーサー
商品説明じゃ何ともならいってことだね!
そういうことっ!
誠太

 

書いてはいけない「オススメ」の文章

 

 

それでは実際によくありがちな「オススメ」の文章について、いくつかご紹介します。

 

これは安易に使いやすい言葉であるがゆえに使ってしまいがちですが、人は強制・強要されるとその反対の方向に進んでしまう心理を持っているので、直接的にオススメしたとしてもあまり効果は期待できません。

 

それでは、見ていってみましょう。

 

絶対に「いかがでしょうか」とは書かない

 

よくありますね「いかがでしょうか」

 

ブログのまとめの部分でも「いかがだったでしょうか」という文章をよく見かける人も少なくないのではないでしょうか?

 

これはまとめの部分で「今回のお話は役に立ちましたか?」という意味で使用するのは別に問題ないかと思いますが、商品をオススメする時に「いかがでしょうか」と訊かれると「どうしよう、購入するべきなんだろうか」とネガティブな部分からの思考になってしまいます。

 

人は2つの思考回路を持っていて、一番最初に感情的な思考から始まり、二番目には分析・理論的な思考で物事を判断するようになっているので、一番最初の感情部分で購入決定意思を可能な限り高ぶらせることができないと、二番目の思考が邪魔して商品を購入していもらえないことになってしまいます。

 

「~してはどうでしょうか」とは書かない

 

「今回のこちらの商品、使ってみてはどうでしょうか」という文章もよくアフィリエイトのブログでは見かける文章ですよね。

 

これも第一思考回路の感情部分で購入意欲を充分に上げきれていないと、成約に結びつけることが難しい傾向にあります。

 

なぜかと言うと、基本的に人間はめんどくさがりなところがあるので「どうでしょうか」と言われても、「また今度見かけたときでいっか」となる場合が多いです。

 

これもリアルな対人接客のときも同じですね。

 

そのため「どうでしょうか」は全く使用しないでくださいとは言えませんが、使う場所を間違えると冷静にさせてしまって、せっかく感情を高ぶらせることができたのに一気に覚ませてしまうことになりかねないので注意が必要です。

 

私も使っていますは微妙

 

「私も使っていますが、オススメです。」

 

これはタイトルの通り微妙です。

 

なぜ微妙かと言うと、あなたが使っていようとも実際にその商品がブログの読者さんにとってマッチしているのかイメージができなければあまり意味がありません。

 

確かに自分も使っていますと書けばなにか困った時に聞くことが出来るというメリットが発生しますが、逆を言うとメリットはそれくらいだと思います。

 

でも、この「私も使っています。」の文章にうまいこと変化を加えてあげることができれば、一気に読者さんへ未来イメージを伝えることが出来るので、次の章ではその使用イメージを伝える方法をご紹介します。

 

マーケティングの基本からほしいと思ってもらう文章のコツ

 

マーケティングの基本はセールスいらずで、お客様自身で購入することを判断させてあげることです。

 

この本質を理解できていると「いかがでしょうか」などの文章を使用しなくても、お客様に商品を購入してもらうことができます。

 

相手を欲しくさせるのは、あなたの感想

 

一番手っ取り早いのは、あなたがその商品を使用したことによってどんな未来が手に入ったか、どんな使用感で、どんなメリットを得ることができたかを伝えることです。

 

例えば、僕は最近東プレの RealForce というキーボードを購入しました。この購入したキーボードを欲しいと思ってもらえるような文章として記事を書くときには、このように書きます。

 

■例文

先日、東プレの Real Force(キーボード)をついに購入してしまいました。

 

今までのキーボードってなんだったん?ってくらいキータッチがしやすくて、もう他のキーボードではタイピングはしたくないって思えるほどに良いキーボードで正直驚きました(笑)

 

タイピングキーボードの王者として位置付けされているキーボードなので、何回も Youtube の打鍵音のレビューとかググって商品のレビューとか色々見てみて、悩みに悩みましたが、悩んでいても現状のタイピングによる指の疲労感が変化するわけでもないし、ここは自分を信じて購入を決意しました。

 

箱を開けた時に早速キータッチを3回打ってみたのですが、今までのキーボードと明らかに違うということが分かるほどにタッチ感がいい意味で異質でした。

 

ブログを実際に書き始めてから終わるまでの間、音もうるさくない、タッチ感の何とも言えない気持ちの良い感覚、何より指が疲れない。

 

今までの僕のタイピングの常識を全て壊してくれましたね(笑)

 

先程も言いましたが、これ以外のキーボードをメインで使う気持にはなれなくなってしまったので、僕は今後このキーボードが壊れたとしても同じ東プレの RealForce を購入し続けると思います。

 

値段は常識はずれな値段をしていますが、その値段に見合った常識はずれのタイピングのしやすさを実現してくれます。

 

あなたがタイピングするのに疲れやすいのはもしかしたらキーボードが原因となっているかもしれません。

 

このキーボードを使えばあなたが感じているタイピングの疲労感とは無縁になり、逆にブログを書いたりタイピングをすること自体が今よりも楽しくなることと思います。

 

今回僕が購入したキーボードの東プレ Realforce はこちらです。

 

 

 

このような文章を書くことによって、読んでいる相手に対して

 

  • どんな商品なのか
  • 実際に他のキーボードと比べてどう違うのか
  • 商品の特徴は

 

などを理屈で表現するのではなく、あくまであなたが購入して得た過去と未来を伝えることが大切です。

 

この文章を読んで、あなたの中でこのキーボードに少しでも興味が出たようであれば、僕の勝ちですね(笑)

 

イメージとしてはこのような感じの文章です!

 

誠太
相手に理屈ではなく、どんな世界を手に入れることができたかを明確に分かりやすく伝えることが重要ですよ!

 

まとめ:感情揺さぶることがキーポイント!

 

 

今回は、読者さんに「ほしいと思ってもらえる文章の書き方のコツ」をお伝えしました。

 

人に「欲しい」と思ってもらうことはなかなか難しいことですが、よく考えてみるとあなたも身近で友達とかに「欲しい」と思わせている会話ができているときがあります。

 

それが前項で書いた僕がキーボードを購入した時の感想や使用感の文章です。

 

「ブログを読んでくれた人に買ってもらいたい!!」と思う気持ちが先行してしまっては、相手にその環状が伝わってしまい購入に踏み切れない状況になってしまいがちですが、「売る」のではなく「手に入れた自分を羨んでもらえる文章」が書けるかどうかがキーポイントになってきます。

 

ブログを読んでくれた人に「欲しい」と思わせたいのであれば、オススメをするのではなく「あるものを手に入れて、よりよい未来を手に入れたあなたの姿」を見せてあげることが最も効果的です。

 

実際にリアル接客のときにはそうだったので、マーケティングの本質部分としては間違いないことは間違いないでしょう。

 

あなたのメルマガやブログなどで商品をオススメしている場合は、いくつかの記事でオススメするのではなく今回の記事で紹介した方法を実践してみてCV率を比較してみて下さい。

 

きっとオススメしていない記事のほうがCV率は高くなっていることでしょう。

 

以前にこちらの記事でも解説を行っているので、是非ご覧頂ければ!

参考
成約率がアップする?!アフィリエイター必見の省エネライティング!

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
誠太

誠太

接客業で年間1600万円の売上を達成した経験を活かして、リアル接客とWebマーケティングを融合。『事実と根拠を明確に、誠実な情報発信』をモットーにブログを毎日更新しています。

-BLOG術
-

Copyright© Limitless.net , 2019 All Rights Reserved.